お通夜のマナー(服装、香典、挨拶)と、その流れ?

お通夜のマナーをご存知ですか?
昔は親族や特別な友人のみの参列でしたが、

現在は葬儀への参列のかわりの意味で、
お通夜のみ参列というように、
習慣がかわって来ています。

お通夜の参列時に慌てないように、
宗派も関係なく使える

お通夜のマナー
(服装、香典、挨拶の言葉、持ち物など)
を調べてみました。

 


Sponsored Links




 

 

 

お通夜の服装と持ち物

葬儀のかわりの意味合いが強いので、
喪服であれば、ベストですが、
地味な服装で構いません。

男性

・ダークスーツ(黒、グレー、紺)
・ネクタイ(黒)
・ワイシャツ(白)
・靴下(黒、グレー、紺)
・靴(黒)

キラキラ光るものは避けるように
金時計や金のネックレス、金ベルトなども避けるように。

また、服装は上記のように地味であれば構いませんが、
ネクタイくらいはちゃんとした黒を着用してください。
コンビニでも数件いけば売っているはずです。

革ジャンや皮手袋などの皮製品などは避けるように。
コートや帽子は玄関前でちゃんと脱いでから入ってください。

女性

・ワンピース、スーツ、ツービース、アンサンブルなど(黒、グレー、紺)
・ストッキング(黒)
・靴(黒)
・バック(黒)(金色の飾りなどないこと)
キラキラ光るものは避けるように。
結婚リングはOKです。
パールなどの着用には細かい作法があるので、
着用しないのが賢明です。

毛皮や革製品さけてください。

コートや帽子は玄関前でちゃんと脱ぐこと。

 

子供は学校の制服でいいですが、
無ければ大人に準じてください。

赤ん坊は参列させないほうが無難です。
参列する場合は、黒の服がいいですが、
難しいので、白やグレーで構いません。
泣き出しら、すぐに退出出来るような、
位置にいるようにしてください。

 

服装の次は、数珠と香典を忘れないようにね。

 

 


Sponsored Links




 

お通夜の香典と数珠

・香典の表書きは宗派関係なく使える
 「御霊前」と書きましょう。

・書くときは毛質が一番ですが、筆ぺんでいいです。

・裏には、自分の住所と名前を書きます。

・連名の場合は目上の人から右側に書き始めます。

・4人以上の場合は、代表者名と「他一同」と書き、
 中に全員の名前を書いた紙を入れます。

・新札は避けましょう。お札の向きは揃えるように。

・金額は、親戚なら1万円程度、親戚でないら5千円程度、
 親しさを考慮して決めてください。但し奇数にしてくださいね。

・香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参するとなおよいです。

・数珠は宗派を選ばない略式数珠を持って行くのがよいです。
 出先の場合はなくても良いです。

 

香典袋や筆ペンはコンビニで手に入ります。
外から直接行く場合や家にない時は、
途中で書けば良いです。

 

男女兼用略式数珠

 

 

 

 

お悔やみの挨拶

さてお通夜の会場に向かうのですが、
お悔やみで立派な挨拶をキチンとするとい事を、
考える必用は全くありません。

遺族への労りと、個人への冥福を心のこもった言葉で
伝えればそれでいいのです。

と言っても困りますね。
一番簡単なのは、

 

黙礼です。

 

何も言わずに相手の顔みて、
悲しそうな顔で頭を下げるだけでも十分です。

 

 

何も言わないのチョットと言うのであれば、基本的な挨拶は次のようです。

「この度は、誠にご愁傷さまでした。」

この度は、誠にご愁傷さまでした。心からお悔やみ申し上げます。」

「この度は、誠にお気の毒でございました。」

 

急死の場合

「突然のことで、なんと申し上げてよいか言葉もありません。・・・・」

 

特別お世話になった方の場合

「ご生前はひとかたならぬお世話になりました。・・・・」

 

若い人がなくなった場合

将来が楽しみな方だったのに本当に残念です。・・・・」

 

他の参列者もいますし、また、本人や遺族との関係にもよりますが、
お悔やみの言葉は、長くならないほうが無難です。

 

 

 

最後に(お通夜の流れ)

お通夜に関する準備は整いましたね。

お通夜の流れですが下記のようです。

 

  1. 齋場到着
    時間に遅れないようにしましょう。
    所要約1時間から2時間です。
  2. 受付
    香典を渡し、お悔やみを述べます
  3. 焼香
    係員の案内にしたがい、順番に焼香します。
  4. 返礼品受け取り
    受付でもらった引換券で返礼品を貰います。
  5. 通夜振舞い
    通夜振舞いに案内されて簡単な食事を勧められます。
    辞退しないで参加するのがマナーです。
  6. 帰宅
    あまり長居しないでください。
    翌日の葬儀に参列しないのであれば、
    手短にお悔やみ参列出来なことのお詫びを
    述べてから帰宅してください。

 

 

という事で今回は、

 

お通夜のマナーとその流れ

 

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA