がんばれ!タケフサ久保建英、U‐12ジュニアワールドチャレンジ出場

FCバルセロナU-12が来日、Jリーグ下部組織と対戦。

バルサ下部組織に属する、久保建英くんが、日本で開催される「U‐12 ジュニアワールドチャレンジ2013」(8月27日~30日)に出場するそうです。

バルセロナ(スペイン)の他には、リバプール(イングランド)、チョンブリ(タイ)の外国勢3チームに、Jリーグの下部組織、鹿島アントラーズや、柏レシソウルなど9チーム合計12チーム4日間です。

最終日は味の素スタジアム西競技場で行われ、開始から3日間はヴェルディグラウンドで行われます。無料なので、ぜひ見に行ってくださいね。行けない人はWOWWOWやニコ生(無料)でも見られるそうです。「和製メッシ」と呼ばれる久保建英くんのプレーをぜひ、御覧ください。

バルセロナでのプレー

 

「パルサ久保」「和製メッシ」「大空翼」と呼ばれる天才サッカー少年、久保建英くんの、驚くべき実績

久保建英(くぼたけふさ)、神奈川県川崎市出身、2001年6月4日生まれとのことです。

2009年8月(8才)、FCバルセロナキャンプでMVP受賞

2009年11月(8才)、川崎フロンターレジュニアセレクション合格

2010年4月(8才)、ソデクソ・ヨーロピアンカップ(ベルギー)にFCバルセロナキャンプMVPの特典として、バルセロナスクール選抜として参加。結果は3位で7試合、6ゴール1アシストでMVP受賞

2011年5月(9才)、川崎U‐12のチームへ。(8才の時からU-10、9才でU-12)

2011年8月(10才)、カンテラ(バルセルナ下部組織)入団テスト合格

2011年~12年シーズン、リーグ戦優勝。30試合中29試合に出場し、計43ゴールでチームトップの得点。トーナメントで、2度のMVPに選ばれる。

2012年~13年シーズン、アレビンCからアレビンAに昇格。リーグ戦優勝、30試合、74ゴールで、2位に10ゴール以上の差をつけ得点王に。他にもダブルハットトリックや27試合連続ゴールなどを挙げております。

2013年8月(12才)、「U‐12 ジュニアワールドチャレンジ2013」でバルサ久保で日本デビュー。結果は?

父親、久保建史のサッカーキッズの育て方

絵本を読み聞かせる。

玩具はおかない。外遊びをはだしでさせて、体幹や足裏の感覚を身につけさせる。なるべくベビーカーを使わないで、歩かせる。長男だけど次男のように育てる。

2才の頃からサッカーを始めた時、リビングには大小様々なサイズのボールを置いた。出勤前の一時間や休みの日に一緒にサッカー練習。教えすぎず、考えさせるように仕向ける。よく褒めてやる。幼稚園の時から通えて、納得出来る指導法のあるサッカー教室に行く。

6才の時、タケフサが「バルサに入る!」と言ったので、夫婦で自然と「それなら、やってみようか」と思った。小学校に入る頃には、教えることがなくなってしまったので、サッカーの勉強を始めた。18才でプロサッカー選手になるためには6才からの12年間何をやるべきか?最初からバルサに入るつもりで、その可能性が少しでも高まると思い?バルサキャンプに参加。それからMVP、MVP、テストと目標に向かって突き進んでいる。今のところ、上々ですね。

    

                    

まとめ

久保建英ですが、最初から全然、私たちと違いますね。ただ、その環境は自ら目標に向かって本気で作り出した。やれば、出来るとは限らないが、やらなきゃ出来ないですね。子供の夢に、本気になってサポートを開始出来る、父親、久保建史氏も流石という感じですね。

天才か英才教育の賜物かはおいて、輝いている人は、みんな、このように努力しているのですね。まだサッカー選手として大成したわけではないですが、タケフサ君がこれから先も活躍して、日本代表を率いる日を信じて、応援したいと思います。

という訳で、がんばれ!タケフサ、久保建英くんのお話でした。

ホント、元気をもらった気分です。まだまだ、私も頑張るぞ!

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA