亜鉛サプリメントの効果と副作用。亜鉛不足と過剰摂取の症状は?

亜鉛サプリメントで亜鉛不足を
補う人が多いようです。

だけど、効果だけでなく亜鉛の過剰摂取
で副作用があるとご存知でしたか?

今回は亜鉛の効果効能や適正な摂取量、
過剰摂取した場合の副作用を
調べてみました。

 

Sponsored Links




 

亜鉛の効果と亜鉛不足

亜鉛が不足すると次のような症状が出ます。
言い換えると亜鉛を摂ると次の症状に効果があります。

・味覚障害

・肌荒れ、ニキビ

・口内炎

脱毛、白髪

・免疫力低下

・うつ秒

・食欲不振

・糖尿病

精力減退(精力精子数減少)

胎児の発育不良

若ハゲや若白髪、子供出来なくて悩んでいる人、
妊婦さんなど、上記に心当たりのある方は、
ぜひ、適量の亜鉛を摂取してくださいね。

特に、亜鉛不足の妊婦さんは、
通常の10倍近い確率で未熟児を生むそうです。
また、流産や早産、奇形などのリスクも増える傾向にあります。

注意しないといけないですね。

 

 

亜鉛摂取の適量は次のようになります。

・成人男性の摂取適量は12mg、摂取上限は30mg

・成人女性の摂取適量は12mg。摂取上限は30mg

 


Sponsored Links




 

どうやって亜鉛を摂取する?

亜鉛を多く含む代表的食べ物は、
多い順に次のようです。(100gあたり)

 

・貝類、牡蠣(カキ)、アワビなど    10mg前後

・肉類全般、特にレバー                      4~7mg前後

・乳製品、チーズ             7mg前後

・煮干                 7mg前後

・ゴマ  6mg前後

・たまご                4mg前後

・豆類                    2~5mg前後

結構いろんなものに含まれていますが、
実際、食べてみると、

牡蠣5個で10mg前後
牛モモ肉で110gで5mg前後
チーズ100gで7mg前後
タマゴ10個で6mg前後

そんなに食べられません。
また、亜鉛は体に貯蔵することも出来ないです。

●吸収もよくなく、すぐに排出されます。
・繊維が豊富な食品を食べたとき
・緑黄色野菜を食べたとき
・インスタント食品を食べたとき

 

●体内ですぐに消費されてしまいます。
・ストレスを感じたとき
・仕事や運動での疲労があるとき
・お酒を飲んだとき
・射精するとき

また、30代から徐々に亜鉛の吸収が悪くなって行きます。
亜鉛不足を感じるようなら、
亜鉛サプリメントで適量補充するのが、確実かもしらませんね。

 

亜鉛過剰摂取の副作用

亜鉛を含んだ食品を食べても絶対量や吸収量に問題があるので、
亜鉛不足になりがちです。

通常は亜鉛サプリメントを少々多めに摂っても、
すぐに、消費、排出されますが、
一度に大量に摂ることや空腹時の摂取は、いけません。

次のような、副作用が起きるかも知れません。

・銅欠乏症
・鉄欠乏症
・亜鉛中毒
・頭痛
・めまい
・吐き気
・胃痛
・発熱

 

ハゲや子作りのためでも、1度に大量はダメですよ。
出来れば、食後に少量ずつ摂るといいですね。

一粒あたりの重量が軽いものがオススメです。
ドラッグストアでよく見かけるDHCなどがお得ですね。

 

 

 

 

 

最後に

DHCの亜鉛サプリも1粒15mgで1日分です。
他のメーカーから30mgやもっと多いものも出ています。

1日の摂取上限が30mgと上に書いて、
量が合わないと思う方もおられると思いますが、
上限50mgという意見や海外では100mgだ
という主張もあります。

また、吸収率が低く、消費や排出が用意のため、
ご自分で亜鉛サプリの説明書をみながら、
臨機応変にされれば、良いと思います。

 

ただし、食後に少量、複数回に分けてくださいね。
一度に大量は駄目ですよ。
1回数百mgとか1日2000mgとかだと急性中毒になるかもしれません。
また、気分が悪くなるようだったら、量を減らしてくださいね

 

ということで今回は、

 

亜鉛サプリの効果と副作用

摂り過ぎ注意

 

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA