発達障害の症状と自己診断テスト!大人のコミュニケーションが苦手な私!

大人になって発達障害が発見されることが、
最近増えているそうです。

本人が発達障害の症状に気づかぬまま
社会に出ました。
うまくコミュ二ケーションが取れず職場を追われ、
行き場をなくして初めて、
発達障害と診断されたそうです。

発達障害とは一体何なのでしょう?

大人のコミュニケーションが苦手な私としては、
気になって仕方ないので、
早速調べてみました。

 

Sponsored Links




 

 

発達障害の症状(知的障害は除く)

広汎性発達障害
自閉症スペクトラム、或いはアスペルガー症候群
・言葉の発達障害(自閉症のみ)
・コミュニケーション障害
・対人関係・社会性障害
・パターン化した行動、こだわり
・不器用

注意欠陥多動性障害(ADHD)
・不注意(集中できない)
・多動、多弁(じっとできない)
・衝動的(考えるより先に行動)

学習障害(LD)
・読む、書く、計算、聞くなどの能力中、
一個或いは複数個に障害がある。

 

知能が標準以上あり、
学習障害も一個のみとか、症状が軽い場合などは、

ワガママ
バカ
努力が足りない
チョット変わった子

で片付けられ、発達障害に気づかないことも多いです。

 

発達障害は性格や努力の問題でなく、
脳機能の障害です。
先天的な要因なので乳幼児期から、
上記のような症状が現れているはずです。

この脳機能障害による発達障害の原因ですが、

・遺伝
・環境ホルモン
・食生活
・運動不足
・妊娠中の喫煙、飲酒、風疹などの病気

が考えられますが、
はっきりとは分かっていません。

ただ、妊娠中の問題だけは、
リスクが高いのは確実なので注意してくださいね

 

 

 


Sponsored Links




大人の発達障害の症状と特徴

最初にチョット書きましたが大人になってから、
発達障害が発見される例が増えています。

数年前の5,6倍はあるとの統計もあるそうです。

 

子供の頃に発達障害と気づかず、
学生時代までは、

空気が読めないとか、
ちょっと変わってるとか、

笑い話ですんだのですが、

社会に出て仕事をすると、
職場に溶け込めずに、

引き篭りになってしまうということが、
現実に起きているそうです。(私のことか?)

大人の発達障害は仕事のミスの原因だったり、
仕事で協力出来ないとことに現れてきます。
具体的には次のようです。

 

・整理整頓が出来ていない
・報告や連絡をせずに勝手に判断し行動する
・時間の感覚がない。待ち合わせ、締切りなど
・衝動的でミスしやすい
・人の話を聞かない、聞いてない
・職場の空気が読めない
・感情的になりやすい、きれる、泣く、怒鳴る
・仕事に飽きっぽい
・重要でない仕事にのめり込む
・計画性がない。いい加減
・対人関係をうまく築けない

みなさん、いかがですが、自分に当て嵌りませんか?
或いは、同僚にこんな人がいませんか?

なんか、私は、自分がよく当てはまるようでコワイです。(笑い)

 

 

 

 

 

 

最後に

自分は発達障害でないのか?
と疑問を持たれた人もたくさんいたと思います。

病院に行くのも恥ずかしいので、
まずは、自己診断をやってみてください。

下記のサイトでは手軽に自己診断テスト出来ます。

なるべく客観的に、出来れば、

自分以外の他人も交えて、やってもらったほうが効果的です。

他人の方が、普段のあなたの行動をより客観的に見ているので、
精度が高くなると思われるからです。

 

 

自閉症スペクトラム指数 自己診断

 

エイメン・クリニック式ADD分類チェックリスト

上記の自己診断チェックは、あくまで簡易的なものなので、
結果にあまり囚われないでくださいね。

発達障害を疑われる方は病院にて、
医師の診断を受けることをお勧めします。

 

そんな訳で今回は

 

発達障害の症状と自己診断

 

 

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA