尿路結石は痛いの?初期症状は?痛み止めの方法は?

尿路結石!名前を聞いただけでも
すごく痛そうな感じがしますよね。

尿路結石の初期症状は
痛みの前兆のようなものは、
あるのでしょうか?

お産より痛い!
痛みの王様!
3大激痛の一つ!

と言われる尿路結石について、
調べてみました。

 


Sponsored Links




 

尿路結石とは

尿路結石とは尿路に結石が出来る病気の総称です。
尿は腎臓で作られ尿路を通って排泄されますが、
その尿路のどの部分に結石があるかによって、
名前が違っています。

 

腎杯(じんぱい)・腎盂(じんう) → 腎結石(じんけっせき)
尿管(にょうかん)         → 尿管結石(にょうかんけっせき)
膀胱(ぼうこう)        → 膀胱結石(ぼうこうけっせき)
尿道(にょうどう)       → 尿道結石(にょうどうけっせき)

腎結石と尿路結石       →上部尿路結石
膀胱結石と尿道結石を     →下部尿路結石

 

 

 

結石は腎臓で作られることが多く、上部尿路結石が全体の95%です

尿路結石は20代から40代の男性に多く発病していて、
割合的に女性の倍以上もあります。

また、日本人の15人に一人は結石に悩まされたことがある
とのことです。

この病気になった人は、体質の問題や環境の問題により、
再発率が非常に高
5年以内は45%、10年以内は60%が再発
すると言われています。

一度あの痛みを体験した人は、もう2度と経験したくないと、
恐れおののく訳ですね。

 

 


Sponsored Links




尿路結石の初期症状と痛みについて

結石が腎臓で作られると、徐々に尿路を下降して行くのですが、
その課程で、ものすごい激痛がに襲われることが多いです。

 

腎結石の症状と痛み

腎臓には痛みを感じる神経がなく、
痛みはありません。

痛くないのに、結石が既にあるので、

沈黙の石(silent stone)とも呼ばれます。

尿管結石の症状と痛み

腎臓から下降してきた結石が尿管で詰まった状態が
尿管結石です。

尿管結石が尿の流れを遮り、腎臓が腫れて、腎臓の皮が伸ばされる時
背中やお腹に腰に痛みが出ます。

朝起きた時に、背中や脇腹当たりに、重い痛み、違和感を感じ
それがだんだんキリキリとした痛みに変わっています。
これが始めに感じられる、初期症状ですね。

ただ、個人差があるので、その違和感に気づけず、
突然血尿が出て、激痛が走ったという人もいます。

この痛みを腎疝痛(じんせんつう)と呼びます。

腎疝痛には波があり、
痛みのない期間や、激痛を感じる期間があります。

尿路結石の激痛とはこの尿管結石時の痛みのことです。

 

最初にも書きましたが、

 

痛みの王様(king of pain)

 

とも呼ばれるくらいのものすごい激痛です。

 

膀胱・尿道結石の症状と痛み

結石が膀胱まで流れてくると、
痛みは、あまり感じくなります。

その代わり

残尿感や排尿時に不快を感じたり、頻尿

になることが多いです。

 

尿道にうまく?はまり込んで、

尿が全く出ない

ということもあるそうです。

 

 

慢性の痛みと関連の痛み

結石はあるが、尿管を完全にふさいでないため、
尿が結石の脇から少しずつ流れていている場合、
腎臓は腫れているが、強烈な痛みがなく、

腰が重い感じで腰痛だと思っていた。

 

腎臓の皮膜が延びた時に痛みを感じる神経と、
足先や太もも、陰嚢(いんのう)の痛みを感じる神経が、
近いため、

足や陰嚢の痛みと勘違いしていた。

 

上記のようなこともあるので、症状のみで自己判断せず、
なるべく病院に行って診てもらってくださいね。

 

 

 

尿路結石の痛み止めの方法

痛み止めについて

市販薬のバファリンなどでは、効果が薄く痛みが取れません。
なんせ、もっとも強烈な痛みの一つですから。

病院からもらう強烈な痛み止めですが、実際に強烈な痛みが
出ている時は、あまり効果がありません。
痛みが出る前に、或いは鈍痛の時に飲めば、ある程度の効果が
あるそうです。
また、痛み止めを飲むと、胃炎など胃の調子が明らかに悪くなります。

 

では、痛み止めはいらないのかというと、

心の安心感のため、やはり持っていた方が良いです。

痛みへの自己対策(気休め?)

・ 痛み止めを常備しておく
 理由は上に書きましたが安心感のためです。
 ないと絶望します。

背中を押す
痛みの一番強い部分を,強く押します。
そうすると不思議なことに数分間でですが、
痛みが和らぎます。
押しすぎで局部が痛くなるないよう注意

水をたくさん飲む
 普段から水を2リットル以上飲むように言われていますが、
 痛みの発作時でも痛みが和らぐ効果があります。
  水を全く飲まねば脱水症状になるし、
 水をたくさん飲んで、うまく行けば、
 
  結石が尿管から膀胱まで流れてくれるかも知れないので、
  ぜひ、たくさんのお水を飲んでください。
  膀胱まで行けば、痛みはほとんど感じなくなります。
 
  そのまま排尿と一緒に出て行ってくれれば一番いいのですが。

・病気のことをよく調べる
  ちょっと尿路結石について調べれば分かりますが、
  通常、これで死ぬことはありません。

 また、数時間の長くても8時間以内には痛みはおさまります。
 永久に持続するわけではありません。(またぶりかえすけど)

 

 

 

 

 

 

最後に

今回は、尿路結石の痛みと症状、痛み止めの方法について
書きました。

私も激痛まではいったことはないけど、
振り返ると、尿道結石だったのかなとか
思い当たることが、何度かあります。

みなさんは、どうですか?
もし、今思い当たるなら、すぐに病院ですよ。

もし、尿路結石だと知っていて、今苦しんでいるなら、
お役に立ててもらえるとうれしいです。

私は、出来ればお役に立つようなことになりたくないけど(笑)

 

後日、治療法についても、調べたいと思います。

 

それでは、また!

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA