ブラックバイトとおバカバイトはワーキングプアの予備軍か?選ぶのどっち?

ブラックバイト

アルバイトをする大学生の間で、「契約や希望を無視してシフトを組まれる」「試験前も休ませてくれない」などの悩みが広がっている。学生たちの声を集めた大内裕和・中京大教授(教育学)は、違法な長時間労働などをさせる「ブラック企業」になぞらえ、「ブラックバイト」と呼び、問題視している。企業が非正規雇用の志向を強める中、正社員の業務をアルバイトに肩代わりさせる「基幹化」が進んでいるようだ。

厳しいノルマを課されたり、クレーム対応やアルバイトの募集、新人育成などの重要な仕事をさせられた例もあるという。

<学生たちの声>・アパレル店で働いた。全員バイト。給料は低く、重労働。人手が足りず、テスト前も休めない。年末年始は1日12時間働いた
・知り合いは「あなたがいないと店はだめになる」と言われ、テストを休んでバイトに行くようになり、大学を中退した

おバカバイト

ステーキレストランチェーン「ブロンコビリー」が東京・足立梅島店で、男性アルバイト店員が冷凍庫に入っている画像をツイッター上に公開

ラーメンチェーン「丸源ラーメン」の10代女性アルバイト店員が冷凍庫内でソーセージ3本をくわえた画像をツイッター上に公開

大手コンビニ「ミニストップ」の男性アルバイト店員がレジカウンターに乗ってV字開脚し、股間をバーコードスキャンでこする画像をツイッター上に公開

フランチャイズ弁当店の「ほっともっと」では男性アルバイト店員が冷蔵庫の中にすっぽり入った画像をツイッター上に公開

ハンバーガーチェーン店「バーガーキング」では男性アルバイト店員が床に置いたバンズの上に寝そべった画像をツイッター上に公開

大手コンビニチェーン「ローソン」の男性アルバイト店員がアイスクリーム用冷凍庫の中に入って横になった画像をフェイスブック上に公開

ブラックバイトに、おバカバイト、何だコリャ?

この二つの現象は、いったい、何を意味すのでしょうか?

ブラックバイトで、虐げられたおバカバイトが、自爆テロの報復に出た?多分違うでしょう、それでは、なぜ?

ブラックバイトは一人で悩み、相談やネットでの憂さ晴らしもしない従順な情報弱者の学生が増えているということを表しているのか?おバカバイトは、ネットに画像をアップする影響も想像できない(後に本人の個人情報が晒されて、会社もクビになる)おバカ学生さんが、増えていることを表しているのか?一体どういうことなのでしょう?

日本の企業は、安くて、いいものを提供するために、このようなおバカバイトさんを教育しなければ、ならないのでしょうか?企業はそのための、コストがかかり、アルバイト本人も給与以上の要求をされて、どちらも不幸なような気がしないでもないですね。

それとも企業や顧客は、安かろう悪かろうを受け入れ、この程度のアルバイトとその仕事意識を受け入れる。?外国では、このようですが、日本は、どうなっていくのでしょう?これを受け入れると、貧困層の固定化に繋がりそうで、怖いものが、あります。

まとめ

ブラックバイトとおバカバイトの現象は、ワーキングプア予備軍が増えていることの表れだと思います。ブラックバイトはワーキングプア予備軍のまま、高度な仕事を求められている。おバカバイトはワーキングプア予備軍で、バカ丸出しのことをしている。私も、現在、このようなところで喘いでいます。これは、ワーキングプアがどんどん増え、どちらを選ぶか選択をせまられているのですね。

みなさんは、ご自身或いは、ご子息たちに、ブラックバイト企業で働き苦しみながら、いつかその経験を生かして、のし上がることを望みますか?それともおバカバイト社員になり、ワーキングプア固定化の道を選びますか?本当は最初から、富裕層であれば、いいのですが、ほとんどの人はそうでないですよね。また、現在は、真面目に働いても、中流層ですら難しい時代です。

そんなわけで、今回は、ブラックバイト、おバカバイト、選ぶのどっち?というお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA