24時間テレビはエセチャリティ番組?偽善?嵐ギャラは5000万円?たけし、タモリは偉い

24時間テレビのギャラ

今年も、毎年恒例の日本テレビ「24時間テレビ」が8月24日25日に放送されます。そんな折、チャリティなのにギャラがあるのは偽善とか?その金額が多い?と世間を騒がせているようです。早速調査してみたところ「FLASH」でギャラの額が報じられたとのことでした。

メインパーソナリティ、嵐・・・・・・・・・・・5000万円

パーソナリティ、上戸彩・・・・・・・・・・・・・500万円

総合司会、羽鳥慎一・・・・・・・・・・・・・・・500万円

マラソン、森三中・大島・・・・・・・・・・・・1000万円

特別ドラマ主演、嵐・大野智・・・・・・・・・500万円

カラオケメンバー、加山雄三、谷村新司クラス・・・200万円

カラオケメンバーその他歌手・芸人・・・10万円~100万円

総制作費・・・・・・・・・・・・・・・・・・4億20000万円

CM収入合計・・・・・・・・・・・・・・・・22億2750万円

前年度募金の総額・・・・・・・・・・・11億6847万1704円

前年度までの募金累計総額・・・323億2841万11円

この情報を知った一般人からは、「障害者を食い物にしている」「チャリティ番組でギャラが出るのは、おかしい。海外ではありえない」「何百万もギャラもらっている芸能人が、子供やお年寄りに、小瓶持って募金の御願いしているのは、笑える」「この番組に出る人が全員、悪人に見える」「偽善」など反発の声が上がっているようです。

過去にも、このような問題は、度々話題になっていて、反発している芸能人は出演を断っているようです。

24時間テレビを批判或いは疑問を提起している有名人

タモリ「24時間テレビっていうのはどうも好きになれなくて」
生島「タモリさんにも出演依頼があったでしょ?」
タモリ「あぁ、二、三年前に一度ね。その時は断ったんだよ」
生島「どうしてですか?」
タモリ「俺みたいなタイプの人間がギャラをもらっているのに何食わぬ顔でお涙ちょうだいできると思うか?」
生島「ははっ、そうですよねー」

たけし「24時間テレビから出演依頼がしつこく来てたんだけど全部断ってやったよ。 あんな偽善番組は大っ嫌いだ。 誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから。 ヨダレ垂らした芸能人どもがこの番組でめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせにこれ以上貧乏人から金巻きあげんな。 チャリティーって言うくらいならおまえら全員ノーギャラで出ろよ!コノヤロー!! 」

さんま「24時間テレビはノーギャラなんやろ?」
24スタッフ「いいえ違います」
さんま「じゃあ俺のギャラそのまま寄付しといてくれ」
24スタッフ「他のタレントさんの手前そういう事はできません」
さんま「なんやそれ」
オファー断る。

帰国子女の西田ひかるが、「まさか出演料が出るとは思わなかった」と、”日本式チャリティ”のやり方に唖然

乙武洋匡「もう十年以上前の話だ。「24時間テレビでメインパーソナリティを勤めてほしい」という話があった。今年で言えば、嵐のポジションだ。「ビジネス」として考えれば、それはオイシイ話だったのかもしれない。だが、断ってしまった。あの番組では、障害者の扱いが一面的であるように感じたからだ。」

だったら、どうするの?

日本テレビの24時間テレビはようは、チャリティを題材にした番組で、チャリティ番組そのものではないということですね。

本当は、外国のチャリティ番組と同じで、ノーギャラで、スポンサーからのお金も、ノーコマーシャルで日本テレビ自身がやれば、いいのですが、やはり無理ですよね。

ただ、これは紛らわしく、視聴者に誤解を与える可能性があるので、番組中で説明する必要があると思います。或いは、番組や、募金の収支を全て公開するのも良いかも知れません。今のままでは、

「愛は地球を救う」というより、「スポンサーは日本テレビを救う」「日本テレビは芸人を救う」「視聴者のみで地球を救う?」というように感じます。

また、募金でギャラを払っているとか、日本テレビの人のボーナスになっているとか、誤解の元になります。

どこか本当のチャリティ番組をやってくれる局ないでしょうか?大人の事情があるのかな?

まとめ

やはり、情報をオープンにしていないのは、視聴者を欺く行為だと思います。タモリさん、たけしさん、さんまさんで、フジテレビなどに掛け合って、本当のチャリティ番組を作ってくれれば、いいのになーと思います。テレビ東京さんでもいいです。

というわけで、今回は、誰か本当のチャリティ番組を作って!という、お話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA