おみくじの順番は?平の順位は?結ぶ意味とは?持ち帰るのはいいの?

おみくじの順番って?
大吉が一番良いのは知っていますが、
中吉、小吉、平吉?などの
細かい順位付けについてご存じでしたか?

何を枝に結んで
何を持ち帰れば良いのでしょう?

そんな、おみくじについて、
ちょっと調べてみました。

 

Sponsored Links




大々吉の動画(大吉の上?)

 

おみくじの吉凶の順番 「平」とは?

早速ですが、おみくじの吉凶の順番を調べたところ、
神社本庁のサイトには

大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶 と書かれています。

通常はこれに大凶を足して7種類のおみくじが多いですが、
もっと細かく分けて12種類としているところも多いです。

・大吉

・中吉

・小吉

・吉

・半吉

・末吉

・末小吉

・凶

・小凶

・半凶

・末凶

・大凶

 

神社によって吉が
大吉と中吉の間だったり、
小吉と半吉の間であったり、多少違うようです。

 

ところで「平」って何でしょう?
厳島神社、戸隠神社、氷川神社、石清水などには
「平」のおみくじがありあます。

「平」の順位ですが、凶の上になるそうです。
吉でも凶でもなく平らかな「平」です。

「吉」でもないが「凶」でもない、
という意味ですね。

 

凶のない神社では実質最下位になります。
下に書きだしますね。

「大吉、小吉、中吉、吉、半吉、末吉、末小吉

     

凶、小凶、半凶、末凶、大凶」

 

となりますね。

 

ほかにも、大吉より良い、
「大々吉」「大上吉」

大凶より悪い、
「恐」「大恐」

良い時もあれば、悪いときもある
「吉凶相交」「吉凶相半」

 これから吉になる、
「後吉」「向吉」

 凶の後、吉になる、
「凶変吉」「凶後大吉」「大凶末大吉」

などいろいろあります。
人生楽ありゃ、苦もあるさ。

いったい、運がいいのか悪いのか
よく分からないですね。(笑)

 

 


Sponsored Links




ひいたおみくじは枝に結ぶの?持ち帰るの?

首尾良く、大吉をひいた人、
不幸にも、凶が出た人、

人それぞれですが、ひいたおみくじは
どうするのでしょうか?

私が今まで思っていたのは下のようでした。

・おみくじの悪い運は持ち帰らずに、
枝に結んで置いてくるが、
おみくじの良い運は持って帰って堪能する。

 

でも、調べてみるといろいろな考え方が
ありました。

 

 

・吉凶に関わらず持ち歩く。
吉でも凶でも神様からいただいた大切な物なので、
身につけ持ち歩くのが本来の形だそうです。

・凶は枝に結んで置いてくるが、
 吉はお財布などに入れて一旦持ち帰り、
 数日後に境内に結ぶ。

・大吉以外は枝に結ぶ。

・吉凶に関わらず持って帰って、
  戒めとする。

 

ホントいろいろありますね。


中には大凶は珍しいので持って帰る。
という人もいます。

 

おみくじ作法か個人の趣味か
何だかよく分かりませんね。(笑)

 

気になる方は
おみくじをひいた神社や寺に聞いてみるのが、
一番良いようです。

 

 

 

 

 

 

最後に

おみくじをひけば当然、大吉や凶などが出るのですが、

大事なのは吉でも凶でも、
それは神様からいただいた尊いものだということです。

吉が出た場合も
いい加減な行動を取っていれば当然悪い結果になります
今までの努力が報われる日か近づいているくらいないものと
考えてくださいね。

(一番上の大々吉の動画の何かにも、
好調に任せて無計画に欲だけに走ると破綻するとあります)

daidaikiti

凶の場合も、
それを戒めにして注意して行動すれば、
失敗を避けられ、運気も上昇します。
たぶん、神様から最近たるんでるから、注意してねと
凶が出たのです。

 

そんな訳で、吉凶に関わらず、
神様からのアドバイスであるおみくじを
役立てるようにしてくださいね。

 

それでは、また!

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA