ホットカーペットと電気こたつ電気代が安いのは、節約方法は?比較しました。

こたつとホットカーペット、
便利な暖房器具ですが、
比較するとどっちの電気代が
より安いのでしょうか?

具体的な電気代はいくらでしょう?
また他に節約出来る方法は、
ないのでしょうか?

調べてみました。

 

Sponsored Links




 

 

 

ホットカーペットとこたつの特徴

両方とも電気で発熱し、
燃料補給などの必要がありません。

燃焼していなので空気が汚れることも
ありません。

電気こたつにはサーモスタットがついていて、
設定温度より上がると電源が切れ、
下がるとスイッチが入
るという仕組みです。

ホットカーペットは、スイッチのオンオフではなく、
高底のつまみで指定されるワット数で
動いています。
また、カーペット全体が発熱しているので、
お尻など、ものが乗っていないところでは、
保温効果が得られず熱が逃げてしまい
効率が悪いです。

 

 


Sponsored Links




電気こたつとホットカーペットの電気代は?

電気代は電気会社や電力の使用量により、
多少変動がありますがおおよそは、
下記のようになります。

1kw/1h(1000w/1h)=約22円

 

・消費電力500wの電気こたつの電気代
仮に1日15時間利用したとすると、
その電気代は下記のようになります。

1日で約165円
1ヶ月で約4950

 

・消費電力700wのホットカーペットの電気代
仮に1日15時間使用したとすると、
その電気代は下記のように予測されます。

1日で約231円
1ヶ月で6930円

 

おまけ

・消費電力700wのエアコンの電気代
仮に1日15時間使ったとすると、
その電気代は下記のように推測されます。

1日で約231円
1ヶ月で6930円

 

上記のように比較すると、エアコンとホットカーペットは
電気代が変わらないし、
電気こたつも激安という程ではないですね。

寧ろエアコンは部屋全体を暖められるので、
こちらの方がお得にも思えます。
しかし、部屋全体を暖めるのは範囲が広く、
ドアや窓などの隙間も多く熱が逃げるので
無駄がもっとも多いです。

 

 

電気代を節約する方法は?

電気代節約の方法を、
正攻法から裏技まで提案します。

・弱で運転する。(正攻法)
通常、ホットカーペットや電気こたつには、
強中弱など調整出来るので、
弱運転にすると消費電力が下がり、
これだけでも電気代の節約になります。

・半面のみ運転する。(正攻法)
ホットカーペットは全体が発熱しているので
保温効果が得られず熱が逃げてしまうと書きましたが、
半面モードでカーペットの半面のみ使用します。
そうすると当然電気代も半滅します。

・床に断熱(保温)シートを置く(裏技)
床から、こたつやホットカーペットの熱が逃げてしまうので、
断熱(保温)シートを引いて熱が逃げないようにします。
間違いなく電気代が減ります。

専用の保温シートでなくても下に絨毯を引くだけでも、
かなり違います。

・ホットカーペットの上にこたつを置く(裏技)
ホットカーペットの上にこたつを置くと、
ホット-カーペットに接してる面積が多く、
今まで逃がしていた熱が保温でき効率が、
よくなります。電気代は当然安くなります。

・ホットカーペットの上に布団を置く(裏技)
ずぼらな私は、ホットカーペットの上に、
よく掛け布団をしいて、こたつのような感じで
使いました。
これもホットカーペットから熱が逃げにくくなるので、
効率的です。電気代は当然下がります。

足のみを入れたり、寝転がって横になったり、
暖かいです。

 

 

最後に

上記の消費電力や電気代はおおよその目安です。
最新のものに買い換えれば、省エネモードなど、
熱効率が改善されており、電気代が安くなります。

エアコン使用の場合も保温性を高めるように、
窓に目張りしたり、カーテンを2重にしたり、
工夫できます。

まあ、私的には、電気こたつやホットカーペットなど
庶民の味方で十分ですけどね。

特に、「こたつでみかん」は日本人の必需品のように
感じています。

 

そんな訳で、節約、省エネのため、
ぜひ参考にされてくださいね。

 

それでは、また!

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

2件のコメント

  • shii

    うちで使っているホットカーペットは、こたつと同じように、スイッチのON、OFFで温度調整されます。
    こういった調整機能がある電気製品の消費電力は使用中変化するので、単純に掛け算で電気代を計算することは無意味です。
    エアコンは、使用した電気よりも多く発熱するが、部屋全体を暖めるため逃げる熱がもっとも多い。
    ホットカーペットは、低温なので空気を暖めにくく、逃げる熱が少ないため、一般的にもっとも電気を使わないようです。

    • スシりん

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りだと思います。
      ただ、基本的な考え方としては、
      無意味ではなく、参考に出来るとかと思います。
      当たり前だと言われるかも知れませんが。

コメントを残す




CAPTCHA