寒さ対策!節約方法は部屋の窓や床からの冷気を遮断

冬は寒いですね。
節約家としてはお金を使わずに
寒さ対策をしたいところです。
いかに、暖かかに部屋で過ごすか、
私が行っている方法を
みなさんにご紹介したいと思います。

 

Sponsored Links




 

SAMUI1

 

 

窓からの冷気を遮断

カーテンを床まで垂らす長さに取り替えるとか、
カーテンを2重にするには費用がかかりますので、
却下します。

節約家の私達の取る方法は次のようです。

 

・雨戸やシャッターを閉めましょう
雨戸やシャッターがある場合は閉めてください。
これだけでも、外からの冷気の侵入をかなり防げます。

・ダンボールを窓に貼る
横幅を合わせて、窓枠にはめ込むような感じです。
3センチくらいずつ両脇を余らせ、内側に曲げて窓にはめ込みます。
縦は窓の半分位で十分です。テキトーでいいです。

ダンボールはカーテンの後ろになるので、室内からは見えませんね。
外から見えるのが気になる場合は昼間は外して夜のみ使いましょう。
ずっと取り付けたままにしたい方は布など貼って装飾したら、
いかがでしょうか?

これで、かなり冷気の侵入を防ぐことが出来ます。

・プチプチを窓に貼る
お菓子とか、壊れ物の梱包に使われている、
プチプチを窓に貼りましょう。

貼るときは平面部ではなく凸面部を
窓に貼ります。この方が空気の層がより多くなり、
より保温効果が高いです。

プチプチがない時はホームセンターなどで、
エアキャップという名で一巻1000円程度で
売っていますので利用しても良いでしょう。

プチプチが余っている人には、
冷気の侵入も防げて一石二鳥ですね。
二重にするとさらに断熱効果がアップしますよ。

 

・サッシの隙間を埋める
サッシの隙間から冷気が侵入してくるので、
防水ソフトテープなどで目張りしましょう。

特に開け閉めしない窓に必ずしましょうね。
よく開け閉めする窓は面倒なのでしなくても良いです。

また、ストーブなどを使用している場合は、
一酸化炭素中毒にならないよう換気に注意です。

 

・窓だけでなくドアからの冷気も遮断
今時分のいる所、
リビングや寝室とキッチンや廊下からの
冷気も遮断しましょう。

方法は
ドアや戸を閉めて、
隙間テープを貼ったり、布を垂らしたり、
ドアや戸の下の部分に布を置くなどして、
防ぎます。

 

 


Sponsored Links




床からの冷気を遮断

冷気は窓からだけでなく、
床からも上がってきます。
或いは床から暖気が逃げていきます。

 

・床がフローリングの場合
フローリングの床には普通カーペットか何かを敷いていると
思いますが、そのカーペットと床の間にダンボールを敷きます
これで、かなり断熱効果がアップします。

 

・床がタタミの場合
畳の下に新聞紙を数枚重ねて敷くと、断熱効果が得られます。
カーペットが余っているなら、畳の上に敷くのもいいですね。

 

 

 

 

最後に

いかがですか?これで窓からの外気の侵入が、
無料で或いは安価で防げますね。

暖房器具を使用不使用に関わりなく、
効果があるので、ぜひ試してくださいね。

 

これでもまだ寒いなら、
次は重ね着ですね。

家の中でコートを着るとか(笑)

とにかく、首や手首など肌の露出している部分を
極力減らすことをお勧めします。

マフラーやタオルをまいたりして、
工夫してくださいね。

これだけやれば、
今年の冬も乗り切れるでしょう。

健闘を祈ります。

それでは、また!

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA