日本禁煙学会「風立ちぬ」法令違反で売名行為?くわえタバコで大炎上?

宮崎駿「風立ちぬ」は条約、法令違反?

日本禁煙学会の主張

肺結核で病に伏している妻の手を握りながら
のくわえタバコシーンを始め、
多くの喫煙シーンがるので、
それが、日本を含む177カ国以上が批准している
「タバコ規制枠組み条約」に違反している。

Sponsored Links




学生が友人にもらいタバコをするシーンが、
未成年者の喫煙を助長し、「未成年者喫煙禁止法」に違反している。

企業の社会的責任が重要視されている昨今、
法令を遵守した映画を、

タバコの扱いには特段の留意をすることを
要望するとのこと。


Sponsored Links




日本禁煙学会の主張に賛否両論

反対意見多数

禁煙ファシズム、禁煙の推進はいいことだが、
映画や違う時代の描写に口を出すのは、ナンセンス。

その理屈なら時代劇の切腹シーンは、
当然ダメなのか?

映画中の女性との関係、病名など、要望書を見ると、
映画の重要な要素が暴露されており、
この映画を楽しみにしている人にとって、
不愉快である。

喫煙をすることは、国で認められていることで、
実社会ではたくさんの喫煙者もいる。

その国で認められている行為を批判するのは、
おかしい。

日本禁煙学会の売名行為、炎上マーケティング。

ツイッターの反応

「フィクションそれも昔の話に対してこういう事言うのはアホかと」

「ばっかじゃねーの」

「空想と現実の区別がついていないのですか?」

「言葉狩り」

「なるほど、これが注目を集めるための手法か・・・・一応つられておこう」

「マジキチってまさにコレ」

「殺人事件ドラマや大河ドラマは殺人を助長することになるのか」

「この手の団体の牽強付会な抗議や意見は、ほとんどの場合、
宣伝を目的としている。あまり、ネタにしてイジらず捨て置くのも大切」

「法律や条約を無視するなといいながら、歴史や事実を無視させたり、
表現の自由を制限しようとするのは、タバコの害悪より害がある。」

「戦前戦中を舞台にした映画なのにタバコシーンに文句言ってる」

「禁煙者だけどこれはひどいは」

中国でも話題になっているそうです。

「相手にしなくていいよ。嫌煙団体ってすでに過激化した組織だよな」

「あらら、ずいぶんおヒマなんですね!」

「正がり、否があってこそ、この世は理想の世界と言える」

「個々の自覚によるものでしょう」

「そんなこと言い出したら、絶対的に喫煙が不可欠なシーンってあるの」

「日本人っていつも、すごく意外なところに執着する」

それで

まあ、タバコは未成年の人は吸っちゃいけないし、
健康に悪いのは確かですよね。

人によっては、リラックス出来るらしいけど、
みんなから非難されてまで吸うかな。

レストランでも飛行機でもくわえタバコは形見が狭いですよね。
だけど、他人に迷惑を掛けなければ個人の自由だよね。

それで、今回のやり取りも、まあ個人の自由ですね。
文句言いたい人は文句を言い、
その文句に文句がある奴は、また文句を言う。

売名行為だと思ったらスルーすればいいしね。
これを言っちゃおしまいよかな?(笑)

賛否両論とタイトルに書きましたが、ほとんど否定かな。

私としては、スルーだけど、こんなブログで紹介しているということは、
釣られたということになるのかな?

私が興味があるのは、この映画でも禁煙協会でもなくて、
この売名行為が話題になっていることです。

感想

みなさんは、どう思われますか?
因みに私は、タバコは吸わない人です。
常習的に吸ったことがありません。

深い理由はないが、健康に悪いものを
お金を出してまで吸う気にならなかったからです。

喫煙者の人も、このことは、みんな知ってるので、
ホント、個人の自由です。

また、「風立ちぬ」ですが、今回の記事で内容が多少暴露されているので、
興味を持ちました。でもネットで見るくらいですかね。

というわけで今回は、

映画「風立ちぬ」への日本禁煙学会の絡み?売名行為

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA