厄除け、厄払いの祈祷料は?のし袋の書き方や服装などの作法は?

全国の厄年のみなさん、こんにちは!
厄年には神社で厄除け、
厄払いに行きますが、

祈祷料の相場はいくら?
のし袋の書き方は?
どんな服で行く?
作法あるの?

気になりますよね。
ということで、調べてみました。

 

厄払いの時期や年の数え方について
詳しくは別記事を参照お願いします。

 


Sponsored Links




 

 

厄払いの基本と対象者

◆厄とは
人間の命や生活に仇なす要因を
「厄」と呼びます。

◆厄払いについて
・厄払い、厄除け、厄落としなどと呼ばれています。
・身に付いた「厄」を落とす。「厄」を近づけない。
そのために厄払いが行われます。

◆厄払いは神社や寺で行われます。
神社や寺で厄払いが行われますが、
厄払いのお守りなどを身につけることも、
厄払い方法の一つです。

◆厄年の対象者
・男の厄年:25歳、42歳、61歳
・女の厄年:19歳、33歳、37歳

◆男性の42歳と女性の33歳は大厄(たいやく)
・大厄は文字通り一番危険な厄年の意味です。

◆前厄、後厄について
・大厄の前後の年を前厄、後厄と言って
やはり厄年扱いします。
・神社によっては、全ての厄年に前厄、後厄が
あるとしているところもあります。

◆厄年の数え方
・数え年を使用します。
生まれた年が1歳で、正月ごとに1歳を加算します。
誕生日には加算しません。

 

 

 


Sponsored Links




厄払いの作法や服装について

◆厄払いを受ける時は指示に従って
神社や寺で事前説明があるのでその通りにしてください
(場所によって差異もあります。)
・静かに厳粛にしてください。
・おしゃべりや笑いはアクビは禁物です。

◆払い棒でお払いする時は頭を低く
払いやすいように、低姿勢で厳粛にです

◆服装は正装で
・男性はスーツにネクタイでいいです。
・女性もスーツやワンピースなどです。
・寒いのでないと思いますが、
肌の露出が多いものは良くないです。
・ジーパンやミニスカート、サンダルも止めてください。
・コートや帽子は脱いでくだい。
・和服は特に必要ありません。

◆当日は綺麗な体で
・不浄を嫌うので清潔な体、身だしなみでお願いします
・眠たそうな顔やボサボサ頭は避けてください。

 

 

厄払料、祈祷料金とのし袋について

◆神社によって厄払いの費用は違う?
・通常目安が紹介されています。
・電話や直接聞いてもOKです。

◆厄払い料の相場は、普通はいくら?
・5千円程度が最低限のようです。
・5千円から1万円が相場のようです。
・団体で厄払いをしてもらう場合は3000円程度
くらいのこともあるようです。

◆厄払い料はいつ、どこで払うの?
・お守りの販売場所、別に受付を設けていることも
多いです。
・厄払いの受付時、或いは電話確認したほうが
確実です。

◆厄払い料を入れる袋は?
・紅白の水引の付いた熨斗袋に書いてください。

◆熨斗袋の書き方
神社の場合、表書きは「御初穂料」「玉串料」
書き、下に自分の名を書きましょう。
お寺の場合は、「お布施と」と書き、
その下に自分の名前を書きましょう。
・裏書は神社もお寺も金額を書きましょう。
表書きは縦書き、裏書は縦でも横でも
いいので、分かりやすく金額を書きましょう。

◆紙幣は
・出来れば新札を入れましょう。
・表裏や向きは揃えましょう。

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?
これで厄払いの作法や祈祷料について、
分かりましたね。

最後にいくつか気づいた点を書きます。

・厄払いは有名どころでも、そうでなくてもOKです。
・祈祷料が多いと効果が高く少ないと効果が少ないということは、
ありませんので、ご自身の許す範囲で大丈夫です。
・厄払いは複数名一緒に受けるのが基本です。
・初詣の時や、節分前に厄払いする人が多いです。
・大安や仏滅は関係ありません
・余裕があれば、前厄、本厄、後厄全部受けてください。
・厄払いの神事はおよそ30分もあれば終了します。

これだけ注意すれば厄年も安心ですね。
と言いたいのですが、

行く先が決まっているのであれば、まずは相談してみてください。
作法が場所によって違う場合も多いです。

という訳で、最後に恐縮ですが、
上記はあくまで基本なので、

行く先が決まったらまずは、
そちらに聞いてみてくださいね。

それでは、また!

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA