ひな祭りの由来、意味は?保育園児、子供に伝えるには?簡単に教えるには?

もうすぐ、ひな祭りですね。
子供から、どうして雛祭りをやるの?
お内裏様とお雛様って誰?

簡単に雛祭りの由来や意味を、
保育園児でも分かるように、
説明出来るように、

ちょっと調べてみました。


Sponsored Links




 

 

 

雛祭りの由来と意味

◆雛祭りは五節句の一つで、上巳、桃の節句と呼ばれます。

・1月7日 人日(じんじつ):七草の節句
・3月3日 上巳(じょうし):桃の節句
・5月5日 端午(たんご):菖蒲の節句
・7月7日 七夕(しちせき):七夕
・9月9日 重陽(ちょうよう):菊の節句

 

◆平安時代には流し雛の風習がありました。
流し雛とは、上巳の節句に穢れを払うため、
紙で作った人形を流して、厄除けした儀式です。

◆江戸自体に現在の雛祭りの原型が成立
この頃に女の子のお人形さん遊び
流し雛の儀式が融合し

一生の災厄をお人形に肩代わりさせる意味で、
嫁入り道具にもなり、どんどん豪華になっていきました。

最初は男女一対の簡素な人形でしたが、
精巧で豪華な雛飾り、3人官女や5人囃子、
大臣や衛士、歌人に賢女とお金持ちのヒトの間では、
益々豪華に成りました。
後に江戸幕府区から規制令が出た程です。

豪華になるに従い、男女一対の男雛、女雛は
天皇、皇后に喩えられ
内裏や後宮など宮廷の高官下官、お供の歌人、嫁入り道具
やらまで、セットになっていきました。

因みに祓いの名残も残っていて、
雛人形が持っている扇や杓(しゃく)は厄払いのため、
穢れを跳ね返すために持っているそうです。

◆旧暦3月3日頃には桃の花が咲く頃でした
新暦の3月3日だと、なぜ桃が関係するか
分からないですね。
旧暦ではちょうど3月3日頃に桃の花が咲いていました。

桃は古来、神聖なもの、魔を払うものと考えられていたので、
雛祭りの祓いの風習と結びつき
桃の節句と呼ばれるようになったようです。

 

 

 


Sponsored Links




子供への雛祭りの由来の説明は?

上記に雛祭りの由来を簡単に書いてみましたが、
自分は分かっても、保育園児くらいの小さなお子さんに、
説明するのは難しいかもしれませんね。

私も5才の息子に説明するため、
ちょっと考えてみました。

 

 

・昔の宮廷貴族の時代、ひな祭りの日には、


病気にならないように、健康でいられますように、
悪い事が起こらないように、無事過ごせますように、


と言う思いを込めて紙のお人形さんを川に流していたの。

 

・それが、お侍さんの時代、水戸黄門や暴れん坊将軍の時代に、
女の子が、お人形を飾って遊んで、みんなの健康と安全、
幸せを祈る日に変わったの。

桃は孫悟空が守っているくらい大事な魔除けの効果あるから
桃の節句と言われるようになったの。

・雛人形が持っている扇子や板は
テレビのお侍さんが悪者をやっつける時に使うように、
悪い物を跳ね返す力があるから持っているのよ。

 

だから、女の子は思いっきりひな祭りを楽しんで、
みんなの幸せを祈ってね。

男の子も恥ずかしがらずに参加して、
一緒にみんな幸せを祈って遊んでね。

・女の子が主役だと不満に思わないでね。

今回のひな祭りは女の子が主役だけど、
今度の男の主役の端午の節句もあるからね。
みんな協力して楽しみましょうね。

 

 

 

 

最後に!

いかがでしたか?
ウチの5才のやんちゃ坊主には、
上のように説明するつもりです。

まだ、ちょっと難しいかもしれませんが、
全部は分からなくても、いいと思っています。
少しでも理解出来ればいいのです。

でも、ちょっとやんちゃだけは止めてね
雛人形高かったんだから!((^_^)

雛あられでも食わして、
静にさせるのが一番かな?

 

 

それでは、また!

関連する記事

    None Found


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA