ネクタイの簡単な結び方、おしゃれな締め方まとめ!動画で覚えよう

ネクタイの簡単な結び方です。
初めての方や、普段ネクタイを
閉めない方も、フォーマルな場面に
ネクタイが必須です。

そんな訳でネクタイの
簡単で定番の結び方と
おしゃれな結び方を
動画で紹介したいと思います。

 

Sponsored Links




 

 

 

ネクタイの結び方!基本は簡単プレーンノット

 

◆ネクタイの最も基本的な結び方、プレーンノットです
私が一番最初に覚えたのもこの結び方です。
ネクタイの幅の広い方を大剣、狭い方を小剣と称しますね。

①ネクタイを首に掛けて、大剣を小剣の上にします。
②大剣を小剣の裏側へ包むように回します。
③そのまま大剣を喉元へ通して上に出します。
④大剣で小剣を巻くときに出来た穴を通して下に下ろします。
⑤ネクタイの結び目を、下から上へ押し上げます。
⑥形やバランスを整えて完成です。

 

簡単ですね。
プレーンノットは、どんなシャツにも、どんな場面でも
使えるので、ぜひ覚えてくださいね。

◆ついでにダブルノットも覚えてしまいましょう
②のところで、もう一週巻くだけの違いです。

プレーンノットだと結び目のボリュームが寂しいなと思った時、
細いネクタイや、薄い生地のネクタイを着用する時に
ダブルノットで結ぶと見栄えがいいと思います。

ただ結び目の形が歪みやすいので、
注意してくださいね。

 

 

 

 

 


Sponsored Links




ネクタイの結び方!定番のウィンザーノット

 

◆ウィンザーノットはネクタイの定番の結び方です
私も、ほとんどこの結び方をしています。

①ネクタイを首に掛け大剣を小剣の上にします。
②そのまま小剣の下をくぐり喉元にから出して結び目を付けます。
③大剣を先程と同じように、今度は逆サイドに結び目を付けます。
④後はプレーンノットと同じように、左右の結び目を包むように、
ぐるっと一周させて大剣を喉元から出します。
⑤大剣で小剣を包むように巻いた穴に大剣を通し下に下ろします。
⑥ネクタイの結び目を下から上に押し上げます。
⑦形やバランスを整えて完成です。

②③の結び目は小さく左右対称に結んでくださいね。
この2つの隠れた結び目のおかげで、
きれいでボリュームのある逆三角形の大きな結び目が
出来るのです。

ネクタイに慣れたら
ぜひ、ウィンザーノットで結んでください。
よりフォーマルな感じでバランスも取りやすく
オススメです。

 

◆ついでにセミウィンザーノットも覚えてみましょう
を省略するだけです。
左右対称になるように2つ結び目を作ったのですが、
1つだけでやるということです。

ウィンザーノットより若干コンパクトな結び目で
プレーンノットよりもフォーマルに見えるとのことです。

私はあまりこの結び方をしませんが、
いろんなところで紹介されています。
ついでに覚えておいて損はないでしょう。

 

 

 

 

 

最後に

上記の4つの結び方は、オーソドックスというか、
職場やフォーマルな場で使える定番の結び方です。

最後にオシャレな結び方を紹介したいと思います。

ちょっと上記の結び方に比べ難しいですが、
所詮ネクタイの結び方です。
カンタン!カンタン!

 

デートや友達同士のパーティ、趣味の集まりなど
個性を押し出したい場面では、
ちょっと変わった結び方であなた自身を
アピールてみたいですね。

 

ご健闘をお祈りします。

 

それでは、また!

 

 

 

トリニティノットの結び方

 

 

 

 

エンドリッジノットの結び方

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA