高齢者の家族と介護の仕方!諦めないで問題意識を持ち工夫しましょう!

高齢者の家族がいるのは普通です。
でも介護なんて、私には無理!

そんなこと言わずに、
普段から問題意識を持って、
お年寄りの負担を減らしましょう。

あなたの親御さんお爺ちゃんお婆ちゃん、
大事な家族です。

そんな訳で私がやってる
チョットした工夫をご紹介したいと
思います。

 

Sponsored Links




 

014760

 

 

高齢者の介護には、刺激が必要

・高齢者の嗅覚に訴える介護の工夫
高齢者の方は、目や耳が不自由な方が多いです。
そのため、外界からの刺激が若い頃にに比べ極端に減ってしまい
味気ない生活を送っている場合が多いです。

刺激のない生活は惚けを促進します。

そんば事にならいないように、嗅覚に訴えることをオススメします。
嗅覚は視覚や聴覚と違って思考することなく、
自然に感じる事が出来るからです。

高齢者の普段いる場所に、良い香りのするお花を飾るのも良いでしょう。
また、芳香剤やお香、アロマを焚くのも良いかも知れません。

加齢臭消しや高齢者だけでなく、家族の疲れも癒やされることでしょう

 

・高齢者の味覚に訴える介護の工夫
人間の最大の欲求はやはり食べること、食欲です。
高齢者の健康状態によって、食べられないものが多いと思いますが、
可能な範囲で美味しい物を食べさせてあげましょう。

食べることは生きることです

高級な物は必要ありません。
美味し物だけなく、高齢者の子供の頃や若い時の
思い出の食べ物を食べて貰うののもいいでしょう。
年中行事や季節の料理に留意してくださいね。

味覚と一緒に心も刺激できます。

 

 

 


Sponsored Links




高齢者の負担を減らす介護の工夫

・部屋は1階をあてがいましょう
2階建てのお家が多いと思いますが、
今2階の部屋をあてがっているのであれば
1階の部屋に換えましょう。

2階の自室からほとんど出ないということはないですか?
食事も部屋に運んでいるとか。

2階から階段を上り下りするのは億劫な物です。
出不精になると、足腰が弱くなります。
病人でないのですから
出来るだけ外へ出て散歩や日光浴をしてもらいましょう。

また、階段で転んだりする心配もありませんね。

・お薬を1回分の事に分けて包装する工夫
高齢者の方は、何らかの薬を服用しているケースが
多いと思われます。

薬局によっては、1回事に包装してくれるサービスを
実施しているところもあります。
そのような薬局、ドラッグストアを使いましょう。

或いは、薬ケースやピルケースといって、
1週間分を1日事に収納する箱があります。

これに、あなたか、家族の人が詰めてあげれば、
薬を選ぶ面倒や飲み忘れ、間違って飲むことを、
避けられて便利です。

 

 

飲み忘れを防ぐ!薬ケース一週間分

 

 

最後に

いかかですか?
えっ!当たり前のことばかり!

そんな事では高齢者介護の悩みを解決出来ない?

そんな時は、各市町村には介護相談所があるので、
遠慮無く介護の悩みを相談してみましょう。

専門のカウンセラーの方に相談したり、
他の老人介護で悩んでる方とお話して情報交換すれば、
きっと悩みを軽滅したり問題解決の役に立つでしょう。

1人で思い悩むのは辛いものです。
人に話すことは、それだけでも気が楽になります

 

当たり前の事ばかりかもしれませんが、
ぜひ、参考にされてください。

私と高齢者を含む家族は、
これで、随分と、気が楽になりましたよ!

それでは、また!

関連する記事

    None Found


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA