コーヒーの美味しい入れ方。初心者にも簡単、豆から始めるドリップ珈琲

最近は、インスタントコーヒーも
美味しくなりましたが、
やっぱり男は、
豆からドリップですね。

そんな訳で初心者にも簡単な
美味しいコーヒーの入れ方について
調べてみました。

 


Sponsored Links




 

コーヒー豆について

◆自分の好みのコーヒー豆を買おう
コーヒーの味は、苦味、酸味、濃いめ、香りなど
に特徴があります。
店員さんに上記の特徴を伝えると、
それに近い豆をお薦めしてくれるはずです。
店によっては、味見させてくれるところもあります。

◆コーヒー豆は鮮度が重要
コーヒーは焙煎して日が経つと味が悪くなっていきます。
100gなど少量づつ買える店でコーヒー豆を
買いましょう。
コーヒーミルで飲む分だけコーヒー豆を挽きましょう。

◆豆は粗挽きで
コーヒーやウィンナーは粗挽きが基本です。
挽きすぎないように注意しましょう。

 

 

 


Sponsored Links




ドリップコーヒーを入れよう

一番簡単というかお手軽な入れ方は、
ドリップですね。

◆ドリップコーヒーの準備
ドリッパーにペーパーフィルターをセットして、
挽いたコーヒー豆を入れます。
簡単ですね。

◆豆を平らに入れます
ドリッパーをコンコンと叩いて表面を平らにします。
お湯を注いだ時に均一にドリップするためです。

◆お湯は95度程度
沸騰したお湯を1分ほど置きましょう。
カップも事前に温めておくといいでしょう。

◆少しだけお湯を入れてコーヒー豆を蒸らします
サーバーにお湯が数滴落ちてくる
程度のお湯をそそいだところでとめて、
30秒ほど蒸らしてください。
蒸らすとコーヒーに含まれるガスが抜けて、
味が良くなります。

◆「の」の字に入れる
カップ半分程のお湯をドリッパーに入れます。
注ぎ方は中心から「の」の字を書くように、
ウチから外側へ回しながら注ぎます。

次にカップ4分の1程度を同様に「の」の字に
注ぎます。

最後の4分の1をまた、同様に注ぎます。

 

コーヒー一杯分であれば、
粉10g、お湯130cc
もあれば十分でしょう。

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

基本的な入れ方ですが、
十分おいしいコーヒーが入れられたと思います。

まずは砂糖やミルクを入れず、
そのまま、味わってみてください

豆の量や挽き方、蒸らし時間、お湯の量、入れ方
を工夫して自分好みのコーヒーを入れて飲んでくださいね。

コーヒー豆屋さんで情報を仕入れたり、
喫茶店でコーヒーの入れ方を見るのも、
参考になりますよ。

ドリップコーヒーの入れ方のマスターしたら、
別のコーヒー入れ方や、
自分でコーヒー豆をブレンドするのも
面白いですね。

 

コーヒーの世界は奥深いので、
一歩一歩覚えて楽しみながら、
コーヒー通になりましょう。

 

それでは、また!

 

 

関連する記事

    None Found


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA