土用の丑の日2014年はいつ?春夏秋冬の土用には何を食べる?

土用の丑の日は、夏だけでないって
知っていますか?

各季節毎にあるそうです。
2014年はいつか?
何を食べるのか?(^▽^)

調べてみました。

 

Sponsored Links




 

2014y02m21d_231551719

 

 

2014年の土用の丑は、いつ?

冬:1月18日(土)一の丑
      1月30日(木)二の丑

春:4月24日(木)一の丑

夏:7月29日(火)一の丑

秋:10月21日(火)一の丑
      11月2日(日)二の丑

 

土用とは各季節の変わり目のことで、
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間或いは19日間のことです。

丑の日とは干支から来ているので、12日に1度あります
そんな訳で土用の丑は年に6回ほどあります。

最近ではコンビニで春の土用の丑にも、
ウナギを食べようと宣伝しているとこもあるそうですが、
伝統的には夏の土用の丑に「う」のつくものを食べるようです。

また、夏以外の土用も季節の変わり目のため、
やはり、特別視されていたようです。

 

 

 

 


Sponsored Links




土用の日には何を食べる?

各季節の土用にはそれぞれの季節を表す色があり、
それぞれ干支にちなんだ食べ物を食べる習慣があったようです。

冬:未(ひつじ)の日 1月17日頃から2月3日頃
「ひ」のつく物、もしくは赤い物を食べる

春:戌(いぬ)の日 4月17日頃から5月4日頃
「い」のつく物、もしくは白い物を食べる

夏:丑(うし)の日 7月19日頃から8月6日頃
        「う」のつく物、もしくは黒い物

秋:辰(たつ)の日 10月20日頃から11月6日頃
「た」のつく物、もしくは青い物

季節の変わり目には気温差など大きく病にかかりやすいから、
栄養のあるものを食べるということですね。

 

ちなみに、夏の土用の丑の日はウナギが有名ですが、
ウサギやウマ、ウシの肉やウメボシ、ウドン
食べるところもあるようです。

ウナギの旬は冬眠に備えて体に栄養を蓄える
秋が旬です。「う」がつくからウナギなのでしょうね。

 

春の戌(いぬ)、秋の辰(たつ)、冬の未(ひつじ)の日には、
「い」「た」「ひ」のつく物を食べましょうかね。

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

春に旬を迎える「い」のつく食材、且つ白い食べ物を探してみました。

イカ

なんていかがでしょう?(^▽^)
いろんな種類がありますが、「コウイカ」は4月から6月にかけてが旬です。

イカのお刺身、イカの煮物、イカの丸焼き、おいしそうですね。

どこかで、春の土用の丑の日にウナギを勧めていたら、

春の土用は戌(いぬ)の日に
イカを食べようと教えてあげくださいね。

そこから、伝統行事の温故知新、
古くて当たらしい流行が始まるかもしれませんよ。

 

 

それでは、また!

 

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA