京都の十三参りとは?いつ参拝する?服装は?

京都や大阪では十三参りは盛んに
行われています。

最近は浅草寺など東京でも参拝する方が、
増えているようです。

でも十三参りって、
一体どんな行事なんでしょう?

調べてみました。

 


Sponsored Links




http://youtu.be/vSL0DS8X0Vg

 

十三参りの由来は

十三参りは弘法大師空海が、
洞窟に籠もって虚空蔵菩薩の行を修め、
飛躍的に記憶力が増しました。

それに因み元服の年齢(成人)、
数え年13才に虚空蔵菩薩を参拝するようになりました。

また、虚空蔵菩薩は十三番目に誕生した
知恵と徳の菩薩です。

このように13に因み、旧暦の3月13日にお参りするようになりました。

現在は、新暦の4月13日を中心に3月13日から5月13日、
10月から11月にも十三参りの行事を行っています。

 

 

 

 


Sponsored Links




十三参りの参拝の仕方

京都では嵐山の法輪寺、
奈良では仁和寺
大阪の太平寺など、
関西圏にて盛んです。

関東では浅草寺
への参拝が徐々に増えています。

◆十三参りの仕方
参拝する時は自分が授かりたい
知恵、御利益を表す、
漢字一字を半紙に書きます。

祈祷をしてもらった後、13品のお菓子を受け取って帰ります。

本堂を出て、鳥居をくぐって境内の外に出る前に振り返ると、
(嵐山法輪寺では渡月橋まで)

せっかく授かった知恵、御利益を返さなければ
ならないそうです

お参りに前に、子供に話しをしてくださいね
キョロキョロと振り返ると十三参りが台無しです。

 

◆参拝時の服装
元々、成人の儀式と結びついていので、
大人の着る晴れ着を肩上げして参拝します

帰宅後に肩上げに縫っていた糸を取り除き、
それで、正式に大人の仲間入りになるようです。

最近では、肩上げせず、そのまま晴れ着を着たり、
学校の制服や洋服で十三参りをする方が、
多くなっています。

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

関西では七五三以上に、
ポピュラーだそうです。

何だか、成人式を2回やるような感じですね。
お寺で成人式のほうが、
なんだか風情があるような気がします。

二十歳の成人式は、
いろいろと問題多いようですからね。

それでは、また!

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA