花粉症の予防対策3つの方法!花粉の除去、心身の安定、薬の早期使用

花粉症が辛くなるシーズンがやってきますね。

新たに花粉症が発症しないように、
花粉症の人も症状が重くならないように
予防したいものです。

その為にには、花粉に触れないことや、
心身の充実、薬の早期投与が
肝心です。

そんな訳でその方法について、
ご紹介したいと思います。

 


Sponsored Links




)

 

・方法①花粉の除去、花粉に触れない事

大量の花粉を吸うと、
体に花粉に対する抗体が出来やすくなり、
花粉症になりやすくなります。

そこで、まずやりたいのは、
花粉への接触を極力減らすことです
下記のような対策をしましょう。

・マスク
マスクをすると花粉を吸い込む量を
通常の3分の1から6分の1に減らせます。
但し、風の日は効果が下がるのと、
完全ではないことです。

・めがね
目に入る花粉を半分から3分の1くらいまで、
減らせます。

・帽子、手袋、スカーフなど
少しでも、花粉に直接触れる部位を減らしましょう。

059473

・うがい
うがいをして、鼻や喉の粘膜についた、
花粉を除去しましょう。

・洗顔、手洗い
常に外気に触れている、顔や手は花粉に触れやすいので、
洗い流してあげましょう。

 

・洋服の生地
毛織りものなどは、花粉が付着しやすいです。
綿かポリエステルなどの化学繊維など
表面がすべすべした、花粉の付着しにくい
服を着ましょう。

・屋内での管理
窓を閉め、花粉が入らないように。
洗濯物や布団は外に干さないように。

カーペットは花粉が付きやすいです。
出来ればフローリングがベストです。

布製のソファも付着しやすいです。
小まめにに掃除や洗濯をしましょう。

加湿器は花粉の飛散を防ぎます。
空気清浄機もいいですね。

 

 

 

 


Sponsored Links




・方法②心身を安定させよう

花粉症は心身症の側面もあります。

ストレスや過労、睡眠不足は
アレルギーを誘発し花粉症の原因になります。

 

・ストレス
ストレスの原因を見つけ解消しましょう。

・過労、睡眠不足
よく睡眠を取り、休息しましょう。

・運動不足
室内でやストレッチングや竹踏みなど軽い運動で、
基礎代謝を上げたり、
自律神経を活発にしたり、
体温上昇などで

花粉症を抑えられます。

 

上記の3つで心身が正常であれば、
花粉症にもなりにくいです。

 

 

 

 

最後の方法!花粉症の薬を早期使用

既に花粉症の方は、毎月花粉症になる時期や、
花粉アレルギーの原因を知っていると思います。

 

花粉の種類と飛ぶ時期について、
こちらを参照しください。

 

 

花粉が飛び散り出す2,3週間前に、
薬を早期に使用しましょう。

 

これは薬の効果が出るのに
2週間ほどかかるのと、
アレルギー反応が出てからでは、
沈めるのが難しいからです。

寝た子を起こさないようにということですね。

みなさんの健闘をお祈りします。

 

 

それでは、また!

 

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA