血豆とは、原因と治し方!潰して自然に治す?

手を挟んだり、足をぶつけたりして
痛っとして、暫くしたら、
血豆になって、ビックリしたことも
多いと思います。

 

今回はそんな、血豆の出来る原因と、
治し方にういて、調べてみました。

 

口の中の血豆については、
別の記事を参照してくださいね。

 

Sponsored Links




2014y03m25d_173812675

 

血豆の症状と原因

ドアを閉める時、指を挟んでしまったり、
足の上に物を落としてしまったりして
血豆が出来た事があると思います。

血豆は皮膚内で出血した血、「内出血」が固まって出来た、
豆粒大の発疹のことです。

血豆は打撲などの原因の他
靴擦れなど強く圧迫されている原因でも、
発生します。

 

 

 

 


Sponsored Links




手足や指、爪などの血豆の治し方

手足などにできた血豆を処置する方法はいくつかあります。

①血豆を自然に治す
基本的に、患部を弄らないで治す方法です。
まあ、打撲なので患部を冷やすとよ効果的です。

また、手足などよくぶつけやすい場所なので、
絆創膏などを貼って
血豆を直接ぶつけたりしないようにしましょう。

血豆が破れちゃうと大変ですからね。

 

 

②血豆を潰す、血を抜き取る

血豆を強引に潰してはダメですよ。

針先を消毒して血豆に刺して血を抜きます
針の消毒はコンロで焼くのが簡単ですね。

患部とその周りは針で刺す前
刺して、血抜きした後、
どちらの時も、消毒しましょう。

消毒したら、絆創膏を貼って冷やしましょう。
また、2、3日経ったら、
血行を良くするため患部を温めます。

 

 

血豆は潰さないで、①のように自然に治すのが基本です。

ただ、仕事上など、どうしても患部が当たって、
作業がやりにくい、血豆が潰れてしまう
可能性が高い
というような場合は、

②のように針を刺して血を抜きましょう
きちんと消毒しないと、バイ菌が入って化膿したりする場合もあるので、
やる場合は慎重に消毒して血抜きしてくださいね。

血豆は、通常1週間から10日くらいで
綺麗に自然に治ります。

無理は禁物ですよ。

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?
血豆は打撲や圧迫によって起こり、
自然に治るのですね。

逆に打撲や圧迫した覚えがなく、
1週間から10日で治らないような
原因不明の血豆の場合は要注意ですよ。

血管炎や癌の可能性もあります。
中には、何年もその状況を放置している方も居られるようですが、
将来の癌に変わるかもしれないので、

必ず、病院で検査をするよう、
オススメします。

 

まあ、ほとんどの人は、
関係のない話ですけどね。

 

 

それでは、お大事に!

 

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA