夏の甲子園2014年の出場校決定!注目の高校は?今後の日程は?

今年、2014年の夏の甲子園の出場校、
49校がようやく、決定しましたね。

そんな訳で、
出場校のリストと過去の出場実績、注目の高校、
今後の甲子園の予定について、
解説したいと思います。

 


Sponsored Links




koushien006

 

 

夏の甲子園、2014年の今後の日程

ようやく夏の甲子園の全国の代表校が決まりましたね。
どのチームとどのチームが対戦するか興味津々です。

 

 

その組み合わせを決める抽選会は、
2014年8月6日水曜日に行われます。

場所は大阪市のフェスティバルホールという所で行われます。
因みに住所は大阪市北区中之島2-3-18です。

 

対戦相手が抽選で決まるので、くじ運の良かった高校、悪かった高校の、
悲喜こもごもの姿が見れます。

テレビ(CS放送 スカイ・A sports+)でも当日のライブ中継があるので、
当日会場に行けない方も抽選の醍醐味を味あうことが出来ます。
16時から16時45分は、ちょっとテレビを見ながら一息つきたいですね。

 

 

 

2014年の夏の甲子園開会式は8月9日です。
そして、そのまま第一試合が始まります。
開催日程は15日間となっており、

8月23日が最終日、つまり、決勝戦です。

夏の高校野球の頂点に立つ高校が決定します。

 

 

 

 

 


Sponsored Links




2014年夏の甲子園の出場校と過去の出場実績

 

●北海道地方

・北北海道代表 武修館高校(初出場)
・南北海道代表 東海大四高校(21年ぶり5回目)

 

●東北地方

・青森代表 八戸学院光星高校(2年ぶり7回目)
・岩手代表 盛岡大付高校(2年ぶり8回目)
・宮城代表 利府高校(初出場)
・秋田代表 角館高校(初出場)
・山形代表 山形中央高校(4年ぶり2回目)
・福島代表 聖光学院高校(8年連続11回目)

 

●関東地方

・茨城代表 藤代高校(3年ぶり3回目)
・栃木代表 作新学院高校(4年連続10回目)
・群馬代表 健大高崎高校(3年ぶり2回目)
・埼玉代表 春日部共栄高校(9年ぶり5回目)
・千葉代表 東海大望洋高校(初出場)
・東東京代表 二松学舎大付高校(初出場)
・西東京代表 日大鶴ヶ丘高校(6年ぶり3回目)
・神奈川代表 東海大相模高校(4年ぶり9回目)
・山梨代表 東海大甲府高校(2年ぶり12回目)

 

●北信越地方

・新潟代表 日本文理高校(2年連続8回目)
・富山代表 富山商高校(10年ぶり16回目)
・石川代表 星稜高校(2年連続17回目)
・福井代表 敦賀気比高校(5年ぶり6回目)
・長野代表 佐久長聖高校(2年ぶり6回目)

 

●東海地方

・岐阜代表 大垣日大高校(2年連続3回目)
・静岡代表 静岡高校(3年ぶり23回目)
・愛知代表 東邦高校(6年ぶり16回目)
・三重代表 三重高校(2年連続12回目)

 

●近畿地方

・滋賀代表 近江高校(6年ぶり11回目)
・京都代表 龍谷大平安高校(2年ぶり33回目)
・大阪代表 大阪桐蔭高校(3年連続8回目)
・兵庫代表 神戸国際大付高校(初出場)
・奈良代表 智弁学園高校(3年ぶり17回目)
・和歌山代表 市和歌山高校(10年ぶり4回目)

 

●中国地方

・鳥取代表 八頭高校(4年ぶり8回目)
・島根代表 開星高校(3年ぶり9回目)
・岡山代表 関西高校(3年ぶり9回目)
・広島代表 広陵高校(4年ぶり21回目)
・山口代表 岩国高校(7年ぶり5回目)

 

●四国地方

・徳島代表 鳴門高校(3年連続9回目)
・香川代表 坂出商高校(20年ぶり8回目)
・愛媛代表 小松高校(初出場)
・高知代表 明徳義塾高校(5年連続16回目)

 

●九州、沖縄地方

・福岡代表 九州国際大付高校(3年ぶり5回目)
・佐賀代表 佐賀北高校(2年ぶり4回目)
・長崎代表 海星高校(3年ぶり17回目)
・熊本代表 城北高校(6年ぶり4回目)
・大分代表 大分高校(初出場)
・宮崎代表 日南学園高校(3年ぶり7回目)
・鹿児島代表 鹿屋中央高校(初出場)
・沖縄代表 沖縄尚学高校(2年連続7回目

 

 

47都道府県ですが、北海道と東京が2校ずつの出場なので、
49の代表校があります。

 

 

 

 

 

 

 

最後に!2014年夏の甲子園の注目校は?

私が、注目している高校です。
みなさんが注目しているとは限りませんね。
また、優勝候補については、次回に解説したいと思います。

 

私が今回ピックアップする注目校は、

注目校一校目は星稜高校です。
ゴジラ松井選手の母校として有名ですね。
甲子園の常連です。

7月27日の石川大会決勝戦では9回裏0対8で敗色濃かった星稜が、
9対8の大逆転、ミラクルで甲子園出場を決めました。
上の動画はその、ミラクル星稜のな9回裏の攻撃動画です。

 

また、私は石川県出身で、星稜高校の入学試験も受けました。
受かったけど、行かなかったので母校ではありません。
(笑い)

そんなこんなで、この勢いで夏の甲子園でもミラクルを見たいものです。

 

 

注目校2校目は二松学舎大付属高校です。
夏の甲子園は初出場です。
過去10度決勝戦まで行きながら、あと一勝が出来ず、甲子園未出場でした。

今回の東東京大会決勝では、強豪の帝京高校を相手に、
延長10回戦で5対4で11度目の正直で優勝を決めたそうです。
1年生バッテリー活躍が目立っているようです。

二松学舎と私の関係は・・・
私はここの卒業生ではありません

二松学舎大学の卒業生です。

今までに何度も寄付金のお願いを受け取りました。
(寄付してないけど)

そんな、こんなで、ぜひとも、初出場初優勝を飾って欲しいと思っています。

 

 

 

みなさんにとっては、どうでもいい話でしたね。

次回は真面目に甲子園の記事を書きますので、お許しを!

 

でも、期待しているのは本当ですよ。

 

 

それでは、また!

 

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA