漢検の正式名称は?履歴書には何と書けばいいの?

前回は英検の正式名称と
履歴書への書き方について
ご紹介しました。

今回は、漢検の正式名称と、
履歴書への書き方について、
お話したいと思います。

資格で少しでもアピール
したいですね。

それでは、いってみよう!

 


Sponsored Links




122244

漢検の正式名用はズバリ・・・

単に漢検、漢字検定と呼ばれる事が多いですが、履歴書に書く時は、きちんと正式名称で書かなければなりませんね。

漢検の正式名称は

日本漢字能力検定

です。

 

そして、漢検の履歴書への記入の仕方は?

 

平成○年○月 日本漢字能力検定○級合格

或いは、

平成○年○月 日本漢字能力検定○級取得

と書きます。

 

もっと書きたいならば、

 

平成○年○月 文部科学省後援 日本漢字能力検定○級合格(取得)

と書いても良いでしょう。

 

因みに漢検を実施している団体は、

財団法人 日本漢字能力検定協会

です。

 

漢検は英検と違って、たくさん同じように漢字検定を認定している団体は少ないので、紛らわしさはないですが、

やはり、正式名称でキチンと記入したいですね。

 

 

Sponsored Links




 

 

漢検何級から?履歴書でアピールできるの?

普通の資格はみんな、2級以上が履歴書に記入するボーダーラインとなっています。
なぜがというと、2級以上が高卒レベルとされている場合が多いからです。

今時の人達はみんな高卒以上の人が多いですから、それ以下の資格ではアピールになりませんよね。

 

そして漢検も例外ではなく、2級以上は高卒レベルです。
ということなので、履歴書に記入するのは日本漢字能力検定2級以上にしましょう。

 

但し、あなたが探しているのが、就職や転職でなく、アルバイト程度であれば、3級、4級でも書いても良いでしょう。

 

因みに漢検各級のレベルは下記が目安です。

・漢検1級 大卒上級程度
常用漢字を含めて、約6000字の漢字(JIS第一・第二水準)の読み書きが出来る。

・漢検準1級 大学一般程度
常用漢字を含めて、約3000字の漢字(JIS第一水準)の読み書きが出来る。

・漢検2級 高卒一般程度
常用漢字2136字がすべて読み書きが出来る。

 

 

漢検は漢検10級小学1年生レベルもありますが、履歴書に書く意味はありませんよね。
人となりを疑われることになるので注意してくださいね。

 

ということで、あなたが2級未満ならば、2級を取れるように頑張りましょう

 

 

 

最後に

もし、お子さんが居られるならば、親子で一緒に漢字検定のために勉強しても良いですね。

実は、漢検では、家族受験表彰制度という物があります。
家族みんな受験して合格したら、家族用の賞状が貰えるのです。

 

親子で頑張れるなんて嬉しい精度ですね。

 

この賞状ですが、履歴書の資格欄には書けないかもしれませんが、趣味の欄には書けますね。
また、資格マニアの人にとっても嬉しい精度ですね。

 

それでは、ご健闘をお祈りします。

 

では、また!

 

 

関連する記事

    None Found


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA