2015年のお盆休みは、何時から、いつ迄?今年のお盆は何連休?

春のボーナスも出て、
そろそろ、夏のお盆休みは、
どこに行こうかと考えている方も、
多いと思います。

でも、2015年のお盆休みは、
一体いつから、いつまででしょう?
何連休あるのでしょうか?

一般的には、どうなっているか?
調べてみました。

 


Sponsored Links




プリント

 

お盆休みの基本的考え方?

お盆は、普通8月15日の事を言います。
場所によっては、一月早く7月15日という所も結構あります。

 

そして、お盆の行事は、8月15日のお盆の日を中心に、
8月13日は、お盆の迎え火
8月16日には、お盆の送り火
行います。

京都の大文字焼きも、お盆の送り火の一つですね。

 

このお盆の迎え火と送り火の行事に合わせ、

8月13日~8月16日をお盆休みの基礎とする事が一般的です。

 

なぜ、基礎という表現かと言うと、上記に加えて、土曜日、日曜日を繋げて大型連休にする場合が多いからです。

 

 

 

 

Sponsored Links




2015年お盆休みの考え方

 

2015年のカレンダーを見るとお盆前後の土日と言うと、

アレ?

 

15日、16日が土曜、日曜となっていて、繋がりません。

 

そうすると普通、2015年のお盆休みは、

8月13日(木曜日)から8月16日(日曜日)迄の4日間

とする場合が多いと思います。

 

でも、お盆休みは祝祭日ではないので、会社が勝手に決めることが出来ます。
福利厚生の良い会社や、夏場比較的暇な会社は、上記のお盆休みより、長くお盆休みを設定している所も多いようです。

 

 

 

 

 

 

会社が決めるお盆休み、2015長期編!

 

お盆休みを長く取る会社のお盆休みの取り方ですが、土曜日から翌々週の日曜日までの、9日間とすることが多いようです。まあ、一番効率的な休みの固め取りの方法ですよね。

 

長期盆休みは8月8日土曜日から8月16日日曜日の9日間になります。

 

 

その他の取り方としては、1日追加というとパターンもありますね。

8月13日木曜日から8月17日月曜日までの5日間ですね。

 

飲食関係や販売関係、観光関係などのサービス業は、休みこそが商売という業界では、たぶんお盆休みはとれないですね。

 

 

これから転職するならサービス関係は避けましょう!(笑)

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA