歯茎の腫れた時の応急処置の方法は?痛みと腫れを、どうやり過ごす?

歯茎が腫れてしまった!
痛いよー。
歯茎の腫れの原因はなんでしょう?
また、取り敢えずの応急処置法は?
私が日頃調べて実践している、
歯茎の腫れへの応急処置法の奥義を、
ご説明したいと思います。

 

Sponsored Links




hagukinohare

 

歯茎が腫れた?どう応急処置する?

歯茎が腫れた時、痛い時に、まず知りたいのは原因ではなく応急処置法ですよね。
いくつか、私が取り敢えずやって効果のあった応急処置法をご紹介しますね。

 

 

・患部を冷やす、冷やす、冷やす
やっぱり、何はさて置き、歯茎の腫れてる場所、患部を冷やしましょう!
濡れタオルや氷嚢、冷えピタなどで、冷やせば良いでしょう。
ホント、腫れた患部を冷やすのは、歯茎に限らず、基本中の基本ですね。

 

・市販の強力痛み止めを飲む
これも、飲むを三回くらい書こうと思いましたが、薬の説明書の通りに飲んでくださいね。

強力と書きましたが、今は昔と違って、医療機関で処方される痛み止めに近い成分の物が、
市販薬でも手に入れることが出来ます
具体的には、ロキソニンSなんかがオススメです。
処方薬のロキソニンとほぼ同じくらいの痛み止め効果が得られるでしょう?

耐えられない痛みに耐える?
くらいなら、痛み止めを飲んで、心と身体をリラックスさせたほうが良いですからね。
あくまで、応急処置です。

 

 

 

 


Sponsored Links




応急処置というか、どう過ごすかですね

応急処置はいいとして、歯医者に行かないで、腫れが引くまで我慢するには、どう過ごすか?
どうやり過ごすか?誤魔化し誤魔化し過ごす方法です。

・柔らかい歯ブラシで優しく歯磨き
歯茎が腫れている時に歯を磨くと、激痛が走るかもしれません。
かと言って歯磨きをしないと、細菌がますます繁殖し腫れがひどくなります。
硬い歯ブラシでゴシゴシやると歯茎が傷ついてしまうかもしれません。
という事で、柔らか目の歯ブラシで磨いてくださいね。

 

・お口の中を消毒する
イソジンやコンクールなどで口の中を濯いで消毒してください。
やはり、お口の中の衛生は大切ですからね。
リステリンなど刺激が強いもので消毒すると、痛い痛いとなってしまうので、強力なものは使わないでね。

 

・規則正しいい生活をおくる
歯茎の腫れは、風邪などもそうですが、身体が弱っている時に起こることが多いです。
身体が弱っている原因は、寝不足や食事とも関係しています。
また、歯茎が痛いからといって、食事をしない眠れない(寝ない)では治るものも治りません。
お粥やうどんのなどの柔らか目の物を食べたり、痛みで眠れないなら、上に書いてますが、冷やしたり、痛み止めを飲んだりして、規則正しい生活に戻るようにしてください。
仕事で徹夜とかでは、ますます酷くなりますよ。

 

・刺激のある物を食べない
唐辛子や生姜などの刺激の強い食べ物は食べないでね。
また、アルコールも同じです。
血行が良くなり、歯茎の腫れを増してしまいます。

 

 

 

 

最後に

歯茎の腫れる原因はいろいろあります。
でも、取り敢えずは上記の方法で応急処置をして、少しでも腫れや痛みを和らげてくださいね。

ただ、原因を取り除かないと、痛みが取れなかったり、すぐに再発してしまいます。

歯茎の傷や噛み合わせ、歯が割れている、親知らずなどが原因の場合は、歯医者に行くしかありません。
気になる場合は、ぜひ、歯医者に行ってくださいね。

それ以外の原因の場合は、ほぼ、きちんとした歯磨きをすることで解決します。

きちんと、歯を磨きましょうね!

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA