疲労度計って何?イミダペプチド!とり肉(鶏胸肉)食べて、疲労回復!

TBS「夢の扉+」でイミダペプチドが
疲労に効果があることや
疲れを測る疲労度計について、
紹介されたようです。

イミダペプチド(イミダゾールペプチド)とは?

イミダペプチド(イミダゾールペプチド)は、
体を疲れにくくさせ、疲れを回復しやすくする、
効果があるそうです。

Sponsored Links




あらゆる、抗疲労物質のなかで、
このイミダペプチドが最も効果的だとされています。

ある渡り鳥はアラスカからオーストラリアまで、
約1万1千キロも飛ぶそうです。
(疲労度計で計ったらどうなる?笑)

泳ぎ続けないと呼吸ができずに
酸欠になってしまう、(ラムジュート換水法)

ある魚やマグロにカツオなどは、
づっと泳ぎ続けています。
(疲労度計・・・)

彼らが長期に渡って、
疲れ知らずで連続活動出来るのは、
イミダペプチドのおかげだそうです。

効果を体感するには、1日あたり、200mgのイミダペプチドを、
2週間以上摂取する必要があるそうです。

鶏肉にすると100gだそうです。

因みに牛肉では400gほど。

熱にも強いそうなので、いろんな調理法が可能です。

鶏肉は、脂肪分も少なく、お財布にも優しいので

鳥肉(むね肉)食べて、疲労回復!  ですね

因みに健康食品もあります。

 

 

 

 

 

 

疲労度計って?

ゲームコントローラーのようなものの上にあるセンサーに
両手の人差し指を150秒間タッチするだけで、
簡単に測定できるとのことです。

心電図と脈波を測定して、
自律神経が正常に働いているかどうかなどを 分析し、
疲労度を12段階で示せるそうです。

生体センサーは村田製作所のもので、
疲労度診断アルゴリズムは大阪市大の専門医、
日立システムズから売り出すそうです。

利用料は月10万円で、
病院や保健所、企業の健康相談所など での
導入を目指すそうです。

グランドフロント大阪、ナレッジキャピタルの
健康科学イノベーションセンターに、
疲労度計を使って、その日の体調をデータ管理する、
体験スペースがあるとのこと。

仕事帰りの会社員の利用を見込んでいるとのこと

これは、どうも世界で初めて試みのようなので、
ぜひ、日本で成功してこの技術を世界に広めて欲しいですね。

2013y09m01d_225527758

 

 

 


Sponsored Links




 

疲労すると、どうなる?予防は?

人は疲労すると、下記のような変化が出ます。

・刺激に対する反応が遅くなる
・思考力が低下し、注意力が散漫になる。
・動作が緩慢で行動量が低下する。
・自律神経に異常が起こる。

このため、仕事がうまくいかず、ストレスがたまり、更に疲労する。
疲労が原因で、病気になる。怪我をするきっかけになる。
人間関係を壊すきっかけになる。
交通事故、過労死、自殺のきっかけになる。

など、いろいろな悪影響が出てきます。

つまり、疲労を早期に回復させれば、
上記のことを予防し未然に防ぐことが、
出来るかも知れません。

病気になってから治療するのではなく、
事前にその芽を摘むのです。

そのためにには疲労度計で疲労を計り、
イミダペプチドで直接、
疲労を回復させる。これにつきます。

 

 

 

 

 

まとめ

上記の試みは大阪市が中心となって
産官学で研究して来た成果です。

出来れば、このような試みを各地で、
地域に合った形で 行えるようになればいいですね。

安倍さんの3本の矢の3本目イノベーションは、
こうやって地方から出てくるのかもしれません。

旦那さんの疲労が回復すれば、奥さん喜ぶ!
安倍さんの疲労が回復すれば、国民喜ぶ!

ということで今回は、

イミダペプチド、鶏肉(むね肉)食べて、疲労回復!
安倍さんも、鶏肉(むね肉)とマグロ食って、がんばってください。!

というお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA