手足口病!お風呂が原因で大人(親)にも感染?予防と治療は、食べ物は?

保育園から、先日、連絡あり、
うちの子供(息子)が、
手足口病かもしれないから、
早めに、幼稚園へ
迎に来て欲しいと連絡がありました。

口のの中にデキモノがあって
痛がっているとのことでしたが、
前日、息子は口の中を噛んでしまって
腫れていただけでした。

まあ、そんな落ちはともかく、チョット、
この手足口病(てあしくちびょう)について、
調べてみたので、ここに、メモしておきます。

 


Sponsored Links




 

手足口病(てあしくちびょう)とは?

image

 

取り敢えず、手足口病の写真を、手、足、口の順に並べてみました。

手足口病の症状は
写真のように、手のひら、足の裏、口の中に、
小さな水泡が出来ることです。
時には、お尻や膝、腕などの部位に
出来ることもあります。

手足はあまり痛くないですが、
口内の発疹は痛いです

そのため、食欲が失くなったり、
ご飯の食べれない子供もいます。

5,6才児以下の子供がよくかかるようです。

発熱することもあります。

高熱や合併症にかかることも稀にあるので、
症状が重いときは、必ず病院へ行きましょう!

大人もかかりますので、
看病する時などに感染らないよう、
気をつけてくださいね。

 

原因は、
エンテロウィルス属のウイルス、
コクサッキーウイルスA群、エンテロウイルス71型
などとのこと。

 

感染経路は、主に二つです。
飛沫感染
(咳やくしゃみから)、

経口感染
(水泡の中身や便から、手から、口や目の粘膜へ)


かかった場合は上記に注意して、
人に感染さないように注意してください。

 

治療法は、
症状を和らげる対称療法のみで、
ワクチンや特効薬など原因療法はない。

通常は、自然治癒を待ちます。
一週間もすれば、回復します。

症状が重いときは、病院にいってください。

痒みには抗ヒスタミン剤、
発熱では解熱剤、
脱水症状には輸液
と、

症状に合わせて対称療法を行います。

お風呂に入ってもいいの?

手足口病になっても、お風呂に入っても大丈夫です。
但し、一緒に生活する人に感染する、恐れがあるので、
注意しましょう

お風呂を介して、水泡や口からウイルスが拡散し、
家族にうつるかもしれません。

同様にプールからも健康な人に感染するかもしれません。

タオルの共用も避けてくださいね。

健常者は手洗いやウガイなど、
清潔になることを心がけてくださいね。

 

食事は?

口の中が痛いので子供は食欲をなくしたり、
食べれなかったりします。

しかし栄養を摂らないと、
体が弱り病気への抵抗力が落ちてしまうので、
しっかりと食事を摂らせてください。

熱いものや、酸味、辛味など
刺激のあるものや固いものは、
口内の水泡に影響するので、
避けたほうがいいですね。

お粥や、うどんすいとん、豆腐など、
柔らかいもので、肌温くらいに
冷ましたもの
刺激がないものが良いと思います。

プリンゼリーアイスクリームすりおろしりんごも、
子供が好きで栄養もあって良いですね。

最後に

基本的には大した病気でないので、
あまり深く考えないでくだいね。

普段から手を洗ったり、
うがいをしたりして清潔にしていれば、
それが、予防になります。

また、かかった時も、プールに入らないとか、
マスクをつけるとか、
人に感染さないように気をつけてね。

という訳で今回は

手足口病恐るる似たらず!

というお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA