お墓掃除の仕方、やり方。時期はいつ?洗剤、道具セットは?

お墓掃除の正しい仕方、やり方について調べてみました。
いつ頃、どんな道具を使えば、うまく掃除出来るのでしょう?

Sponsored Links




 

 

 

お墓のお掃除はいつするの?

普通お墓のお掃除は、お墓参りの時にしますね。
そうすると、お盆やお彼岸(春と秋)が多いですが、
帰省した時とか、年末とか、いつでも、OKです。

お掃除道具は何が必要?

通常用意するもの

ビニール袋     → 雑草やゴミを入れる。複数大小あると、何かと便利。
スポンジ      → 墓石を洗う時に使います。
綿棒        → 墓石の文字のところなど、溝の部分に使用。
歯ブラシ      → 綿棒で取れない場合や、範囲が大きい場合。
亀の子たわし    → 墓の土台など、お墓本体を傷つける可能性あり。
バケツ       → 水や物を運んだり、玉砂利を洗ったり、いろいろ便利。
タオルや雑巾    → モノを拭いたり、体を拭いたり、複数枚あると便利。
スコップ      → 雑草取りなどに使用
鎌、ハサミ     → 雑草取りや植木の剪定に使用

あると便利な洗剤

墓石用洗剤     → 頑固な汚れがある場合に使用。
コケ落とし用洗剤  → 頑固な苔がある場合に使用。
水垢落とし用洗剤  → 頑固な水垢がある場合。

塩素系や酸性系の洗剤を代わりに使わないでね。
シミや変色の原因になります
家庭にあるものを持って行く場合は、中性洗剤にしてね。

 

 

 

 

 


Sponsored Links




お墓掃除の手順

見た目もそうですが、
苔やカビが生えていたり、汚れていると、早く墓石が傷みます。
キチンとお手入れすることをお勧めします。

1,お墓の敷地内を掃除します。
落ち葉やゴミ拾い、雑草取りや、植木の剪定をします。
玉砂利をきれいに洗います。

2,墓石を水洗いします。
墓石に水をかけ、表面の汚れを湿らせます。
スポンジに水を含ませて洗います。

3,汚れが落ちない場合、洗剤をつけて洗います。
専用の洗剤、或いは中性洗剤で洗います。
念のため、目立たないところで、変色しないかなど、試してください。
タワシは傷を付けやすいので、使用する場合は、慎重にしてください。

4,文字の部分を洗います。
綿棒や歯ブラシで擦ってください。

5,備品類(花瓶や線香皿、その他)を洗います。
雑巾や歯ブラシなどで、丁寧に洗ってください。

6,水を拭き取る。
濡れたままでは、可哀想です。
最後は、ちゃんとタオルで拭いてあげてください。

7,その他
道具やお供え物は、最後は持ち帰ってください。

放置しておくと、鳥などが散らかしたり、腐ったりしますので、
必ず処理してください。

お供え物は、先祖と分かち合う意味で、みんなで食べると良いです。

お酒やジュースをお墓にかけると、後々墓石が傷むので止めたほうが
いいです。

 

 

 

 

 

最後に

汚れが取れないからと、強力な洗剤を使用したり、金属タワシで、
擦ったり、ヒビを放置したりすると、悪化するのみです。

素人の手には負えないので、業者に相談することをお勧めします。

お墓掃除については、もう完璧ですね。
お墓参りにお墓掃除はツキモノです。

御先祖様のお墓をきれいにすることは、お供え物をすることよりも、
ご先祖様に取って、一番の供養です。

それでは、ご健闘をお祈ります。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA