秋刀魚(さんま)の旬はいつ?選び方、栄養と効果効能、調理と食べ方?

さんま秋刀魚サンマの季節が
やって来ましたね。

でも秋刀魚の旬て本当はいつなんでしょう?
9月上旬には目黒のさんま祭りもあるし、
やっぱりその頃?

さんま秋刀魚サンマの旬と選び方、
栄養、調理法から、食べ方まで、
調べてみました。

 


Sponsored Links




 

 

秋刀魚の旬は?

さんまは近海を回遊する魚で、
夏から秋に日本沿岸を南下しています。

7月に北海道で獲れはじめ、9月には三陸沖、
10月には銚子沖、 11月には和歌山に達します。

南下するに従って徐々に脂が落ち、
和歌山に達する頃には産卵もおえ、

最初20%程あった脂が5%程までに
少なくなってしまいます。

 

そんな訳で、庶民の味方さんまの旬は、
脂が乗って、 しかも価格こなれた、
8月終わりから10月頭くらいまででしょう。

 


Sponsored Links




 

さんまの選び方は?

まず、冷凍物のサンマは選ばないでね
多分去年取れたものは、
ちゃんと冷凍と表示されているはずです。
なければお店に人に確認ね。

あと、日本海のものは、
いつも脂が乗っていずパサパサなので、
これも注意してね。

冷凍ものでないことを確認したら、
気を取り直して、

新鮮で脂の乗ったおいしい秋刀魚を
選びましょうね。

 

鮮度の良い秋刀魚は身が締まっていて、
白い部分がキラキラ輝いています。
また、背の青い色が鮮やかです。
もくっきりしています。

 

脂に関しては、そのまんまですが、
大き物、全体的にズングリ太いものが、
脂が乗っています。
口先と尾の付け根が黄色いという人もいます。

 

 

8月下旬に北海道で獲れる脂が最も乗ったさんまは、
「とろさんま」
と呼ばれ、
その濃厚な味(脂)が人気のようです。

 

 

 

 

 

秋刀魚の栄養と効能

貧血を防ぐ効果のあるビタミン12が
含まれています。

皮膚や粘膜を丈夫にする効果のある
、ビタミンA、レチノールが含まれています。
眼精疲労を防ぎます。
また、がん予防に効果があるとも言われています。

コレステーロールを減らし、さらさら血液にする効果のある、
不飽和脂肪酸(DHA・EPA)が多く含まれています。
動脈硬化、心筋梗塞、高血圧を防ぎます。

DHAは人間の痩せるホルモンに働きかけ、
太るのを防ぎます。 詳しくは、こちら を見てね。

 

 

さんまの調理法

新鮮なものは、刺身にしても美味しいですね。

オーソドックスな塩焼きをはじめ、
蒲焼、フライ、竜田揚げ、生姜煮、 まぜごはん、
骨せんべいなどにして、食べられています。

詳しくは、クックパッドなどで調べてね。

 

 

 

 

 

さんま塩焼きの賢い食べ方!

美味しい秋刀魚ですが、
骨とか面倒で、食べる時にくちゃくちゃに、
している人とかをたまに見かけますね。

みっともないですね。


まずはオーソドックスな食べ方

1,秋刀魚の身、全体を箸で軽く押します。
(身が骨から外れやすくなる)

2,頭から尾に向かって、中心部に箸を入れます。
(身が簡単に分離します)

3,そのまま少しずつ食べる。
または、一気に分離させます。

4,頭の部分を持って、箸を背骨と身の間に入れ、
骨を剥がしていきます。

5,骨や細かい皮などは、一箇所に集めておきます。
(きれいな感じですね)

 

新必殺技?(新しい食べ方)

1,秋刀魚の身、全体を箸で、軽く強く、
身が外れやすいように、 リズミカルに押していきます。
尾までしっかりと押してね。

2,背ビレとそのあたりの皮を取ります。

3,エラの当たりから頭を外し、
身をかるーく押さえ、背中に向かって骨をグイっという感じで、
強引にスライドさせます。

4,アーラ不思議、
骨のと尾がきれいに身から分離しました。

 

san07

 

これで、ガシガシ秋刀魚を食べれます。
これは、私の友人がやっているのを目の当たりにし、
私も以後、見習っている技です。

この技で分離した身を食べると、
両面一緒になので、

秋刀魚のボリューム感が、
何とも堪らないです

みなさんも、ぜひ、試してくださいね。

 

そんな訳で今回は、

秋刀魚の旬と食べ方

のお話でした。

 

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA