ボジョレー・ヌーボー意味?2013年解禁日はいつ?つまみは何が合う?

ワイン好きの方はもちろん、
ワインをあまり飲まない方も、
ボジョレー・ヌーボーの解禁と言えば、
意味はともかく聞いたことのない人は
いないですね。

そんな訳で、今回は、
今年の解禁日の事と ボジョレー・ヌーボーの意味(由来)
飲み方、おつまみについて 調べてみました。

Sponsored Links




ボジョレー・ヌーボー 2013年の解禁日はいつ?

2013年は11月21日の木曜日が解禁日です。

ボジョレー・ヌーボの解禁日は、

毎年11月の第3木曜日

フランスの法律で定められています。

解禁とは販売解禁の意味です。

日本は時差の関係もあり、

先進諸国中、世界で一番早くボジョレー・ヌーボーが
解禁されるので 毎年のようにニュースで報道されています。

そんな訳で一番早くボジョレー・ヌーボーを飲むため、
水曜日の夜からカウントダウンして、

木曜日の0時きっかりに解禁して、

飲み始めるイベント?が、
イタリアンレストランなどで行われています。

 


Sponsored Links




 

ボジョレー・ヌーボーって何?

ボジョレーは地名です。

ヌーボーはフランス語で「新しい」という意味です。

つまり、ボジョレー・ヌーボーとは、

フランスのボジョレー地方で作られた、
新酒、出来立てのワインという意味です

もともとは、その年の葡萄の出来を診るため、
急速発酵技術を使い、
数週間で醸造された試飲新酒です。

業者はこれを飲んで、
その年の仕入れ量の参考にしたとのこと。

また、解禁日を決めたのは、
業者が少しでも早く売り出したくて、
十分にワインとして熟成していないものまで、
売り始めたからです。

 

ボジョレー・ヌーボーのつまみは何が合う?

ボジョレー・ヌーボーは、試飲新酒として、
独特な急速発酵技術で造られました。

そのため、わずかな炭酸ガスを含み、色は比較的薄く、
酸味の少ない口当たりの柔らかいワインになっています。

そんな、フレッシュサが特徴のボジョレー・ヌーボーは、
少し冷やしたほうが、おいしく飲めます。

ボジョレー・ヌーボは、自己主張が強いワインではなく、
おしとやかなタイプなので、 つまみには、

味や香りが強いものは避けたほうがよい
です。

私が推薦するならば、

クラッカーやビスケット、フランスパンを用意して、
その上に、レバーペースト生ハムサーモンチーズなど、
お好みでチョコっと載せたものがオススメです。

アボガドオニオントマトなんかのサラダ
添えるのも彩りがきれいですね。

   

最後に

この文章を書いているのは9月21日です。

もうそろそろ、葡萄を収穫しての、ワインの仕込みが始まります。
ウワサによると少し小粒だが、
綺麗な葡萄が出来ているそうです。

昨年2012年は天候不順で史上最悪の収穫量だったそうです。
それでも味は、なかなか良かったです。

このボジョレー・ヌーボの評価ですが、毎年、

100年に一度の出来栄え 50年に一度の出来 ここ数年で最高 10年に一度の出来

など、高評価連発?のようです。

まあ、商業的な評価なのかも知れませんね。
そんなものは気にしないで、
家族と或いは、友達、恋人と一緒に、
おいしいつまみをツマミながら、

ボジョレーヌーボーを味わってください。

あなたが下した評価があなたにとって、
一番意味のある評価ですから。

因みにボジョレーヌーボーは、
マセラシオン・カルボニックという、
若飲み(新酒) 可能な特別製法で造っているます。

飲み頃は、解禁後3ヶ月程しかありませんので、
注意してね。

そんな訳で今回は、

ボジョレー・ヌボーの解禁日と飲み方

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA