インフルエンザ2013年!子供、乳幼児の予防接種の時期は?症状は?

2013年の夏も終わりですね。
インフルエンザは、秋から冬の時期に、
流行します。

受験生の子供や、乳幼児に対して、
インフルエンザ予防接種を受けさせようと、
検討中の親御さんも多いかと思います。

そこでインフルエンザの症状と、
予防接種について調べてみました。

Sponsored Links




インフルエンザの症状は?

悲しい  38度以上の発熱

悲しい 頭痛、関節痛、筋肉痛などの突然の全身痛

悲しい 強い倦怠感や食欲不振

悲しい 風邪に似た、喉の痛みや鼻汁、咳

悲しい 重症化(脳炎、肺炎など)

インフルエンザは風邪に似ていますが、
急な高熱と風邪より強烈な症状が特徴です。

風邪は、微熱だったり、徐々に悪化したりですが、
インフルエンザは突然症状が出ます。


Sponsored Links




インフルエンザの時期と予防は?

インフルエンザが流行りだすのは、

上矢印 11月~12月頃で、1月~3月がピークです。

インフルエンザ飛沫感染が多いので、予防には、

上矢印 手をよく洗うこと.消毒すること。

上矢印 手で目や口を触らないこと

上矢印 加湿器などで、湿度を50%~60%に保つこと

上矢印 睡眠、栄養キチンと取り、免疫力を高めること

上矢印 感染者が多そうな人込みは避けること

上矢印 インフルエンザの予防接種を受ける

これらに気をつけましょう!

予防接種について

上矢印 10月1日から予防接種を始める病院が多い

上矢印 予防接種後効果が出るのは2週間くらいから

上矢印 効果の持続は、3ヶ月~5ヶ月ほど

上矢印 生後6ヶ月から予防接種可能

上矢印 6ヶ月から13歳未満の子供は接種を2回受ける。

上矢印 予防接種効果は感染と重症化への予防です。

上矢印 副作用で、頭痛や発熱、接種箇所の腫れ 2、3日で収まります。
    稀にジンマシンあり。

上矢印 予防接種は、保険外です。約三千円から5千円です。

乳幼児に対しては効果が薄いのでなるべく、
家にインフルエンザを持ち込まない。

周りのものが予防接種を受けることが、
乳幼児への感染予防になります。

効果の持続が短いので、受験生に対しては、
医師に相談の上、2回接種も検討できます。

最後に

予防接種を受けたのにインフルエンザになったと
効果を疑問視して笑っている方もおられますが、
重症化を防ぐのが予防接種の一番の目的です。

また、子供の免疫力は弱いです。

受験生や小さなお子さん、
妊婦さんなどがいる家庭では、

全員が予防接種を受ける

ことをお勧めします。

勉強や受験に影響が出たり、
子供が脳炎になっては大変です。

そんな訳で、今回は

インフルエンザ予防接種

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA