鳥インフルエンザ新型H7N9?パンデミック?タミフル!ワクチンは効くの?

新型鳥インフルエンザが中国で発生したと、
今年4月頃から暫くの間、話題になっていましたね。

熱い夏も終わり、涼しくなっていきますが、
鳥インフルエンザはパンデミックの可能性は、
どうなったのでしょう?

そんな訳で、鳥インフルエンザについて、
ちょっと調べてみました。

 


Sponsored Links




インフルエンザについて基本説明の動画です

 

インフルエンザの種類

上の動画でも説明されていますが、
インフルエンザには、大きく3つの種類があります。

A型:大変危険。ウィルスが変化しやすく、世界的に流行することも!
    Aソ連型(H1N1)、A香港型(H3N2)、ワクチンに含まれる
    ほか、鳥インフルエンザもこの種類(H5N1)(H7N9)

B型:大変危険。しかし、一度感染すると、2度目の感染率は低い。
    ワクチンに含まれる。

C型:あまり危険ではない。症状が軽く多くの人が免疫を持っている。
    ワクチンにも含まれない。

 

因みにワクチンは国内外の状況を見て、
毎年4月下旬頃インフルエンザワクチンの種類を決定し
国立感染症研究所が選定、厚生労働相が決定通知します。
接種は10月1日からになります。

 

人へのパンデミック(世界的大流行)を引き起こすのは、
A型のみとされています

 


Sponsored Links




鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザとは、鳥類が感染するインフルエンザで、
一般の人が感染する人インフルエンザとは別物です。

そのため、一般的に鳥から人へ鳥インフルエンザが、
感染する能力は低く、感染しても、人から人への感染は
起こりにくいと考えられています。

また、鶏肉や鶏卵を食べても人に感染しない
考えられています。

 

時々、国内外で鳥が大量に死んだ、処分したと話題に
なっているのは、H5N1亜型と呼ばれるものがほとんどで、
養鶏産業の脅威となっています。

 

 

 

新型インフルエンザに変異!

鳥インフルエンザは人に感染しにくいと書きました。
2003年ベトナムでH5N1亜型、2013年中国でH7N9亜型
に感染した人間がいますが、数百人もいないようです。
ただし、死亡率が高いです。

 

 

亜型名 感染者 死亡者 死亡率
H7N9 135人 44人 32%
H5N1 566人 332人 58%
2009年H1N1 6千万人 1万2千人 0.02%
スペイン風邪 5千万~1億人 約2%

 

 

現在鳥インフルエンザが注目されているのは、
このように、死亡率の高い鳥インフルエンザが、
死亡率そのままで、人から人へ感染する亜型に

 

新型インフルエンザ

に変異するのを恐れているのです。

 

 

新種なだけに、専用ワクチンや治療薬もなく、
世界中で、たくさんの方が亡くなると予想されます

 

そのため、2013年に中国で感染していたH7N9亜型について、

上矢印 人から人へ感染する新型インフルエンザ発生
   しかし、中国政府が秘密裏に解決しようとしている!

上矢印 解決できずに初動の遅れも原因で、
   パンデミック(世界的大流行)を起こしてしまう!

 

SARSの時の中国の隠蔽体質を思い出し、
中国発のでの新型インフルエンザ
パンデミック(世界的大流行)の可能性に
世界中が恐れたのです。

 

 

中国の鳥インフルエンザ報道

 

 

 

 

鳥インフルエンザH7N9亜型の問題点

 

上矢印 感染源の宿主の動物が特定されていない
   中国政府は市場の鳥を処分しているが、
   感染源不明である。

 

上矢印 遺伝子解析により、従来の鳥インフルエンザより
   人に感染しやすく変異している

 

上矢印 感染スピードが早い。
最初の感染より6週間で100人以上に感染。

 

上矢印 死亡率が高い(現状32%)

 

上矢印 人から人への感染が確認された

 

 

上矢印 低病原性、鳥などの宿主?の症状が軽い。
   感染したまま、広い範囲を飛び回り、拡散する
   鳥の大量死など目立つサインがないので、
   発見対応が遅れる。

上矢印 感染者のウイルス潜伏期間が10日程度。
   自覚症状ないので、その間に各地へ拡散する

 

上矢印 H7N9はステルスウィルス(検出が困難)の可能性がある。

上矢印 現在のところ、有効なワクチンがない
   また、ワクチンが完成してもH7N9に対しては、
   免疫反応が弱く、効力が低いと予想される。

上矢印 タミフルなどの抗インフルエンザ薬で、
   一定の効果が認められる。
   但し、使用しても重症化した例あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

H5N1亜型は、何年も前のことなので、かなり研究して、
プレワクチンも亜型数株に対して有ります。
(新型への効果は限定的かも。ないより当然いい。)

 

それに対してH7N9亜型の人への感染は2013年の話で、
研究が進んでいません。日本でも今月からワクチンの開発に
取り掛かるとのこと。

 

6月以降のH7N9亜型への感染者は7月の2名だけです。

しかし、インフルエンザは、一般的に夏の暑い時期よりも、
秋から冬にかけて流行します。

感染源も分かっていない状態ですが、
取り敢えずは、下記のこと守ってくださいね。

上矢印 生きた鳥や死んだ鳥には近づかない。

上矢印 手洗いを初め衛生面に注意する。

上矢印 睡眠や食事に十分取り、免疫力を高める。

上矢印 感染しやすそうな場所にはいかない。
  (特に中国の市場など)

 

そんな訳で今回は

 

鳥インフルエンザH7N9亜型新インフルエンザ

 

 

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA