お歳暮の時期はいつまで?過ぎてしまったら?喪中はどうするの?

お歳暮の時期は12月頃ですが、
実際いつ頃に贈るのが、
正しいのしょうか?

お歳暮を贈っていない相手から、
お歳暮を受け取った。
早くこちらも贈らなくっちゃ!
喪中の時は、どうしよう?

お歳暮の時期と喪中について、
調べてみました。

 

Sponsored Links




 

 

 

お歳暮の意味と基本的な時期は

お歳暮の意味は年の暮れで年末のことですね。

新年に先祖の霊を迎えるため、
転じて、実家やお世話になった人へ
彼らが新年を安らかに、迎えるため、
その準備品として食べ物を送っていたようです。

現在は日頃お世話になっている人に、
一年のお礼の意味で贈ります。

11月に入るとスーパーやデパートで、
お歳暮セールが始まります。
一体、いつ?
お歳暮を贈れば良いのでしょう?

 

上矢印 12月20日頃から30日までに直接持参する。

   昔は年の暮れに直接持参し、「歳暮回り」と呼ばれました。
       本当にお礼になった相手や、礼儀に厳しい家族の間では、
       必用あるかもしれませんが、現在はほとんどないですね。
   
上矢印 12月10日過ぎから20日までに郵送で届ける。

   現在は、スーパーやデパートで11月頃には注文して、
      お歳暮の時期に届けてもらうの普通ですね。
     
      首都圏では、12月上旬が多いようです。
      北陸東海も、12月上旬から届き始めます。

 


Sponsored Links




 

お歳暮の時期がすぎてしまった?

お歳暮は20日頃までに届くのがベストで、
遅くとも25日頃までに届くのがベターです。
理由は、年末年始は忙しく不在も多いためですが、
カニや数の子、新巻鮭などは、お正月に食べるのに、
年末ギリギリがいいとも言われています。

熨斗に「お歳暮」という表書きは、年内いっぱいです。

年が替り、元旦から松の内迄は、
(通常1月1日から7日まで、関西では15日迄)

「御年賀」と表書きしてください。

 

松の内を過ぎて立春迄は
(通常1月8日から2月4日頃まで、関西は1月16日から)

「寒中御見舞」「寒中御伺」と表書きしてください。

 

日程が過ぎてもお礼をする必用があれば、
上記のように、表書きをかいてください。
季節柄の贈り物なので失礼のないようにね。

 

 

 

喪中の場合もお歳暮を贈るの?

自分、相手、どちらが喪中でもお歳暮を贈って大丈夫です。
お歳暮は日頃のお礼でお祝い事ではないので、
贈って良いのです。
しかし、熨斗や水引は避け、白短冊に表書きしたほうが、
良いかもしれません。

 

また、年を越えてから贈る場合は、御祝である「御年賀」
は使えないので、更に少し時期を遅らせて

「寒中御見舞」
にしてください。

 

 

 

最後に

お歳暮のお返しですが、御祝いでなくお礼なので、
特にお返しをする必用はありません。

お礼状だけ書いて送ってあげてください。

どうしてお返しをという場合は、お歳暮よりも
年明けに「御年賀」として贈り物したほうが、
良いかもしれません。

お歳暮で贈るものは、相手の好みと家族構成を、
考慮して贈るのが良いですね。

特にわからないようであれば、石鹸、コーヒ、
ビールなどが、無難ですね。

何を贈るかに付いては、
別記事でまた、紹介したいと思います。

 

という訳で今回は、

お歳暮を贈る時期と過ぎた場合

のお話でした。

関連する記事


Sponsored Links




最新情報

MINEO

コメントを残す




CAPTCHA