Facebookいいね!とは?危険!取り消し非表示にする方法は?

Facebookでいいね!をして、
詐欺行為などに加担していたとか?
いいねの内容がみんなに知れ渡って、
恥ずかしい思いをしたとか、ありませんか?

私は買い物時に、Facebookでいいね
をすると割引とかポイントUPとかあるので、
時々していますが、何か宣伝してるみたいで、
チョット恥ずかしいです。

そんな訳で、いいね!をする危険性と
いいね!の取り消し方について、調べて見ました。

 

因みに、Facebook「知り合いかも」足跡機能
については、こちら を見てください。

  「Facebookいいね!とは?危険!取り消し非表示にする方法は?」の続きを読む…


Sponsored Links




低炭水化物ダイエットと痩せる簡単運動!らーめんチャーハンは危険な匂い?

88KGから79KG!これが私の体重です。
自己流で低炭水化物ダイエットをしたところ、
半年で、これだけ痩せました.(笑)

たいしたことないかも知れませんが、
高校を卒業した後は増え続ける 一方だったのに、

初めて痩せたのです。

ということで、私の行った
低炭水化物ダイエットと簡単な運動方法を、
ここに、公開いたします。(笑)

「低炭水化物ダイエットと痩せる簡単運動!らーめんチャーハンは危険な匂い?」の続きを読む…

反則投球?2段モーション?沖縄尚学の3人がボールに細工?鵜呑みは危険!

沖縄尚学のピッチャーが三人とも反則投球!

甲子園で、反則投球が話題になってたので、
沖縄尚学」「反則投球
でネット情報を調べたところ驚きました。

私が初めに見つけたサイトには、
下のようなことが説明されていました。

 

 


Sponsored Links




ピッチャーは次のことを禁止されています

①投手版を囲む18フィートの円の中で、投球する手を口や唇につける。

②ボールに異物をつける、または異物を所持する。

③ボールや投球する手に唾液をつける。

④ボールをグラブ、体、着衣で擦る。

⑤ボールに傷をつける。

上記のようなことをすると、ものすごい変化球が投げられるとのこと。

だがこれは、高校球児にあるまじき反則です。

これでワンボールのペナルティとは、
逆に「どうなったとんじゃ」と思いました。

退場か、出場停止も考えなければいけない大スキャンダルだと思いました。
こんな、明らかな悪事を、甲子園で働くなど「許せーん!」
とカッとなりました。

更に、調べるとまた、同じようなブログが出てきて「最近の甲子園はどうなっとんじゃー!!」と大声を出したい気分でした。


二段モーション

それで、今度は反則投球のみ調べていたところ、
「反則投球=ボークではない。反則投球はボークの一部だ」
と書かれているサイトを発見??。

ボークならミスしたということで、これなら大した問題じゃない。
(豚のポークじゃないよ。)

それから「2段モーション」が云々と説明されているサイトも見つけました。

「二段モーションとは、投球時に足をいったん上げてから下げ、
また上げて投球動作を行うことを指します。

このとき、わずかでも全身が静止すると
公認野球規則8.01項において反則投球と判定される」
と書いてあります。

また、その場合、塁上に走者が居ればボーク、
居なければワンボールになるとのこと。

 

 


ブログの情報を鵜呑みにするのは危険!

そして、「二段モーション」「沖縄尚学」で調べると、
どうやら、今回の反則投球とは二段モーションのことのようでした。

それにしても、調べもしないで適当に書いている人が多いのには
驚きました。検索上位にも、結構出ているので、

人によっては沖縄尚学のピッチャー3人は、
ボールに細工するような、悪人だとか、

3人もやっているので、学校ぐるみでやっているとか、

沖縄人は‥‥‥

と誤解が誤解を呼んで話が大きくならないか不安です。
ホント、ネット情報を容易く信じるのは、危険ですね。

まあ、沖縄尚学が悪人だとか書いてあるブログは、
とりあえず一つもありませんでした。

ボールに細工した証拠を見つけるとか、
それが故意であると証明するのは難しいですね。
また、それは偶然と反論されると、
「お前、わざとだろ!」とは、なかなか言えませんよね。

こんなふうに、解説が明後日のほうに向いているお話し、
ばかりでした。

 

 

 

まとめ

ネットは、気軽に調べられて便利なのですが、
間違った情報も多いです。

大手の情報は間違いは少ないのだろうが、
スポンサーや読者に迎合して、
深く突っ込んだ記事が少ないかも知れません。

個人の記事は、その人なりの切り方で、面白いのも多いが、
今回のように間違っているのもあると思います。
みなさんも、ネット情報には注意して、読んでくださいね。

そんな訳で、今回は、沖縄尚学でも反則投球の話ではなく、

「ネット情報、鵜呑みは危険」

という、お話しでした。